2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

* link *


無料ブログはココログ

« 真央ちゃん。 | トップページ | 天気予報 »

2014年1月25日 (土)

息子のこの頃

米子に住むまで、まったく耳にしたことがなかった言葉。この辺りではお腹に来る風邪のことを「腸感冒」と言います。
チョーカンボー、と初めて聞いた時は、どんな漢字を当てはめるのかさえピンと来なくて、説明されてなるほど…と納得(一方、相手はその言葉が標準語ではない、ということに大変なショックを受けていました・笑)。

先週から息子が風邪気味で、喉が痛むのか食事も進まず、なかなかすっきりしない状態が続いていたのですが…
混み合う小児科の待合室がウイルスの温床だったか、何と夫と私が相次いでこの「腸感冒」にやられてしまいました。

ノロウイルスのようなキツい症状ではなく、大事を取って一日休んだだけで体調は復活しました。息子にはうつらなかったのも幸いでしたが…
さすがに体力が奪われ、しんどい数日間でした。

ただでさえ、夫婦で補い合いつつ、綱渡りで日々の務めをクリアしている現状。家族の誰かが調子を崩すと、一気に歯車がかみ合わなくなってしまいます。
健康は本当に、何事にも代えがたいものだという思いが以前よりずっと強くなりました。
まだまだ寒い季節は続きます。皆さまもどうぞご自愛ください。

ブログの更新までとても手が回らない状態でしたが、息子は19日で生誕十か月の節目を迎えることが出来ました。

なかなか出来るようにならなかったハイハイも上達し、今ではふと目を逸らした隙に「瞬間移動か?!」とギョッとすることも…

つかまり立ちもお気に入りのようで、時折派手にひっくり返っています。
松田道雄センセイの「定本育児の百科」には、赤ちゃんがツイラクを経験せずに育つことはまずない、という前置きの後
「ツイラクして頭を打ってばかになるのだったら、人類の文明は存在しないだろう。」
という、何とも懐の大きな文章が書いてあって(^-^;
神経質になりすぎるのもよくないか…と思いつつ、ヒヤヒヤの日々は続きそうです。

140119ten1

妊娠中の私に手編みのレッグウォーマーを贈ってくださった方が、「残り毛糸があったので…」と息子にもベストを編んでくださいました。人生初の親子ペア。(写真は図書館の児童コーナーにて)

離乳食も後期の段階に進んで、一日3回の食事を楽しんでいます。
上下4本ずつ生えた前歯で、しょりしょりと歯ごたえを感じるのが面白いのか、トーストやあられが大好き。
その一方で、未だにおっぱいもほ乳瓶も熱狂的に愛している様子(苦笑)。
赤ちゃんと子どもの端境にいる息子。おかげさまで元気にしています。

140119ten2_2

この頃、ぬいぐるみの柔らかい手触りを愛でる気持ちが芽生えてきたようです。小児科の待合室にて、プーさんを前にこの表情。

« 真央ちゃん。 | トップページ | 天気予報 »

子育て右往左往」カテゴリの記事

コメント

もうすぐ10カ月になられるんですね。
一番下の写真が可愛い! ペアのレッグウォーマーも。
離乳食も母乳もミルクも大好きだなんて、食欲旺盛ですね。
そういう子どもは育てやすいんですよ。うちもそうでした。
食欲の細い子どもは親が大変らしいです。
なんとか食べさせようとするけど、ちっとも食べてくれないんだそうで。
松田道雄の育児書は寿命の長い本ですね。
私も娘のために買っておこうと思います。

>1go1exさん

コメントありがとうございます。
食べ過ぎをいつも心配していますが(苦笑)、たしかに、せっかく用意したごはんを食べてくれない…という悩みに比べたら贅沢ですね。
体調を崩して食欲がない時、食べさせたいのにぐずられると本当に気持ちがシュンとしますから…
おかげさまで、白くて丸くて、なんだか鏡餅みたいな顔になりつつある息子です。

育児の百科、さすがに今どきの育児の常識と照らし合わせて時代を感じる記載もありますが、松田道雄の文体は読んでいてクセになります。どーんと背中を叩いて励ましてくれる感じがして。

おばあちゃんの支えも、子育て中の母親には何よりの力です。その日が待たれますね!私も赤ちゃん談義が出来る日が、今からとっても楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真央ちゃん。 | トップページ | 天気予報 »