2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

* link *


無料ブログはココログ

« フラワークリスマス | トップページ | かぐや姫の物語 »

2013年12月 7日 (土)

ある節目

息子の誕生に備えてレンタルしたベビーベッドが届いたのは、出産十日前のことでした。

わが家の場合、生後間もない時期から添い寝の習慣がついてしまったため、眠る場所というよりはおむつ交換台としての役割が主でしたが、それでも腰の負担はずいぶん軽減されたので、借りた価値はあったと思っています。
(ちなみに、台所のシンクで使えるタイプのベビーバスも三ヶ月間レンタルして、重宝しました)

息子もそろそろ9ヶ月。
おかげさまですっかり大きくなって、ベッドの上でもおとなしく横たわっていることは少なくなりました(^-^;

131219babybed1
支えてもらって立っちがお気に入り。見上げて楽しんでいたモビールも、掴んで振り回してかじりつく(;;;´Д`)

131219babybed2

広い世界に憧れるポーズ…?

そして気がつけば返却期限が目前に。明日には解体して業者に送らないと…と言っていた朝、突然息子が柵にしがみついてつかまり立ちのようなことを始めたので、びっくり!
慌てて撮ったのがこの写真です。

131219babybed3
転げ落ちる前にお別れの時が来てよかった…(苦笑)まさに「今でしょ!」なタイミングだったのかもしれません。

131219babybed4_3

やってやったぜ、と得意満面

ベビーベッドが消えて少し広々とした部屋を見ながら、色々なことを思い出して、ひとつ節目が過ぎていったなぁとしみじみしているところです。

歳を重ねてから親になったことで、ひとつだけ良かったと思うのは、「物事には、どんなことにも必ず終わりが来る」ということが経験上、身にしみていること。

時に「しんどいなあ…」と感じる抱っこもおっぱいも、いつか絶対に「最後の1回」がやってきて、その節目を過ぎてしまったら二度と繰り返せない。

そう考えると、目の前の一瞬をストレスにするよりは、大事に味わっていかなきゃもったいない、そんな風に思えてきます。

実際には、疲れ切って思考停止になっている時間も多いわけですが(苦笑)心構えだけでも、丁寧に暮らすことを忘れずにいられれば…

131219babybed5
足の力は強く、0歳児と思えぬキック力で両親や保育園の先生を蹴りまくる息子ですが、なぜか未だにずり這いで後退するばかりで、いわゆる「ハイハイ」で前に進めません。
うつ伏せになって力を入れると、腕立て伏せ状態になってしまうという(笑)何を目指してトレーニングに励んでいるのやら。

« フラワークリスマス | トップページ | かぐや姫の物語 »

子育て右往左往」カテゴリの記事

コメント

全く子育てとは無縁に生きてきたわけですが
こうやってお友達の育児を頻繁に見せてもらうと
子供成長って本当に早いなあと感じます。
母乳から離乳食、普通食、寝ているところから座ったり立ったり。
日々それに対応してついていくお母さんの順応性にも感動です。
大人になると「成長する」ことはなかなかないので
お母さんになっていくサリィさんを見ているのもとても楽しいです。
ほっこり優しいサリィさんもいつか肝っ玉母さんになるのかなあ(笑)

>mayさん

よその子が成長するのは本当に早いと常々感じていましたが、自分の子どももあっという間に大きくなるものですね、驚きです(笑)
平日の昼間は離れて過ごすので、なおさらそう感じるのかもしれませんが…
どんな偉い人も悪い人も、最初は皆赤ちゃんだったんだなーと、この頃しみじみ思うようになりました。
生命を維持することから一歩進んで、躾をしっかりやっていかなきゃ、と思うと、これからの方がずっと責任重大で、プレッシャーです…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フラワークリスマス | トップページ | かぐや姫の物語 »