2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

* link *


無料ブログはココログ

« 植田正治写真美術館 | トップページ | ある節目 »

2013年12月 1日 (日)

フラワークリスマス

暦の上ではディセンバー。
職場では「ウォームビズで節電を!」という貼り紙を見かける一方、ニュースでは各地のイルミネーションの様子が流れ、果たして日本の電力は足りているのかいないのか?よくわからない季節が今年も巡ってきました。

いつも歩く街並みが、この時期だけキラキラする…というのが都市部のイルミネーションの定義ですが、そもそも「街の賑わい」というものと無縁な地方ではちょっと違ってきます(苦笑)

以前、サルビアの花の丘を観に行ったフラワーパーク「とっとり花回廊」 では、この時期ウィンターイルミネーションがきれいだと評判を聞いて、開催日の翌日に出かけてきました。

131201hana1
夕暮れ間近の園内。大山はあいにくの曇天で隠れていましたが、紅葉の名残りは楽しめました。

131201hana2
クリスマスモチーフの様々な飾り付けの中でも、樹皮と小枝を使ったトナカイの出来が秀逸でした。

131201hana3
日が暮れるまでは、蘭が咲き乱れる温室ドームの中で寒さ知らずで過ごしました。ブランコのサンタさんも南国ムードのリースに囲まれて温かそう?

こちらで見られるのは約30万球の、山陰最大級のイルミネーションだそうです。
園内を巡る回廊も、夜が近づくにつれこんな感じに…

131201hana4

メインのイルミネーションの点灯は17時半。
カウントダウンのアナウンスの後、こんな感じで一斉に灯りがともり、歓声が上がりました

131201hana5
19時からは冬の花火も楽しめるということでしたが、子連れで寒い戸外に居続けるのもためらわれ、この情景を目に焼き付けて10分後には帰りました(苦笑)

スケールの大きなイルミネーションで年末の風物詩を楽しめ、さていよいよ今年もしめくくりの日々に突入…!です。
皆さま、風邪に気をつけて師走を乗り切りましょう!

« 植田正治写真美術館 | トップページ | ある節目 »

山陰観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 植田正治写真美術館 | トップページ | ある節目 »