2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

* link *


無料ブログはココログ

« 都会っ子気分 | トップページ | フラワークリスマス »

2013年11月30日 (土)

植田正治写真美術館

砂丘に人物を配した作品群で知られる写真家、植田正治。
国内外に名を馳せる存在になっても、終生、故郷の鳥取を離れることのなかった氏の記念美術館は、大山を絶好の位置から眺められる高原の中にあります。

131130ueda1

駐車場から見た大山の姿。頂上は雲に隠れていましたが、紅葉の裾模様が綺麗でした。

今年は植田氏の生誕100周年にあたり、イベントや記念の写真展が続々行われていたのですが、近場なのに何となく出かける機会を逃していました。
ローカルニュースで、ロベール・ドアノーとの二人展を開催中と知り、最終日に滑り込みで観にいくことに。

代表作の一つ。家族と共に自身もモデルに。

ロベール・ドアノーは、何と言ってもこの一枚ですね。

131130ueda2
建物の正面玄関の前には、植田調の記念撮影が出来る?ナンチャッテ砂丘のコーナーがありました(笑)

131130ueda3
展示室のある2階では、何故か帽子が描かれた窓を発見。どういう意図なの?と近づいてみたら…

131130ueda4

おぉ!こういうことか!?

「子どもたちの時間」と題された今回の企画展。山陰とパリ、遠く離れた場所ですが、モノクロームの写真に切り取られた子どもの表情には万国共通の瑞々しさがあって、心が温まりました。

10日ほど前、夜の間大きな雷鳴が轟いて、山間部は今年初の積雪。今では大山も雪山の風情です。
寒冷前線が通過した時に鳴る雷を、このあたりでは「雪起こし」と言うのだと、職場の若い同僚が教えてくれました。

こちらの写真館も、12月から2月末までは冬季休業に入ってしまうとのこと。寒さが厳しくなるという予想のこの冬を乗り越えたら、また遊びに来てみたいと思います。

植田正治写真美術館

« 都会っ子気分 | トップページ | フラワークリスマス »

山陰観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 都会っ子気分 | トップページ | フラワークリスマス »