2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

* link *


無料ブログはココログ

« 読書の秋 | トップページ | 植田正治写真美術館 »

2013年11月14日 (木)

都会っ子気分

長らくブログの更新が滞っておりました。

オトナの事情で、出産後に取得出来なかった育児休暇を、これまた色々あって利用出来ることとなり…
夫も休暇が取れたので、家族三人で、夫の実家に出産後初の帰省をしてきました。

病の後遺症でリハビリ中の義父、その介護で自由な時間が取れない義母。2人にとっては、いくら空路ならあっという間…といっても、鳥取は遠い所です。

それだけに、孫との対面は感激の一語に尽きたようで、「実物の方が何倍も可愛い!」と大喜びしてもらいました。
(息子はカメラ映りが今ひとつで、ほとんどの写真は朝青龍か松鳳山ソックリの顔なので…そのせいもあるかも?(^_^;))

赤ちゃんには、そこにいるだけで周囲に笑顔を広げる不思議な力がありますね。
そして人には、心から笑うだけで溜まった疲れがほどけていく、そんな機能が備わっているようです。

十日余の帰省の主目的は初孫披露だったので、友達にはほとんど連絡しなかったのですが(ごめんなさい)、時々はお出かけして、懐かしい人に会う機会も作れました。

そこで重宝したのがデパートです。子連れ・ベビーカーOKのレストランでランチして、前後にベビー休憩室で息子のケアをし、地下で買い物して帰る…と、エレベーターで上下するだけで効率的に色々なことが出来るのは便利この上なし。
同じことは郊外型の大型ショッピングセンターでも可能な訳ですが、元から私がデパート大好きなもので…

時節柄、食事した翌日にメニュー表示偽装でお詫びのコメント発表、なんてこともありましたが(苦笑)
鳥取産の息子にとっては、束の間味わった都会っ子気分だったかもしれません。

131114tokyo2
日本橋三越のベビー休憩室。調乳用のお湯のサーバーにさすがの高級感?

131114tokyo1

 息子よ、あれがお江戸日本橋だ。  

131114tokyo3_2
一方、千葉そごうのベビー休憩室には、なんと赤ちゃん向けの専用カウンターがありました。

131114tokyo4
こんな風に子どもを椅子に座らせ、離乳食をあげながら大人もドリンクを飲んだり出来ます。
味付けがお気に召したか、爆食する息子…もっと寄こせ!とテーブルをバンバン叩かれました(汗)

<番外編>
ちょっとだけ自分の実家に顔を出した時も、横浜の髙島屋に行きました。
ベビー休憩室のある6階に、京都の名店「イノダコーヒ」を発見!いつか食べてみたいと思っていたレモンパイをいただきました。

131114tokyo5

夫と2人でケーキ一つのオーダーに、何も言わなくても切り分け用のナイフとフォーク二本を添えてくれる心配り。
おぉ、これぞオ・モ・テ・ナ・シ~!と今更なフレーズで喜んでしまいましたが、実際にはメレンゲがあまりにもフワフワで、ナイフを当てたそばから雪崩を打ってこぼれ落ちてしまいました(^^;;
お見合いにはオススメ出来ない品ですが、お味は最高!

131114tokyo6


子連れだと諦めないといけない事ってたくさんありますが、食べる楽しみの方は何とか…
今のところは、寝かせてしまえばこっちのものです(笑)

« 読書の秋 | トップページ | 植田正治写真美術館 »

子育て右往左往」カテゴリの記事

コメント

サリィさん、こんにちは。義両親に親孝行してこられたのですね。息子さんとは初対面だったのでしょうか。うちの旦那の両親は宝塚市に住んでいますが、それでも孫と対面するのは月1回くらいなので、関東から鳥取は遠いですね。
育児休業取得されたということは保育所も退所されて、息子さんが1歳になられたら職場復帰して再入所されるのですか。私のところは保育所入所激戦区で正社員フルタイム勤務でも認可保育所に入れない人も出るので、一旦保育所を出てしまったら再入所は至難の業です。鳥取は待機児童なしだからいいですね。
オリンピックイヤーのフィギュアスケート、盛り上がってますが、夜6時~9時は息子の食事・お風呂・遊び・寝かしつけで、なかなか放送を見ることができません(涙)。録画しても、フルタイムで働いていると、仕事と家事と育児とで録画を見る時間も取れないのが現状です。悲しい・・・。
イノダコーヒーのレモンパイ、たぶん、昔食べたことはあると思いますが、どんなだったか記憶に残ってないです。本店まで徒歩10分程度で行けるのですが、動き回り叫ぶまくる1歳10か月の息子連れでは行きにくいので、京都大丸のお店に行ってみようかな。平日のデパートは、育児休業中の私の憩いの場でした。今も、家族での外食はもっぱらデパートのレストランです。

出産後初の帰省、皆に幸せを振りまいて・・・とっても充実した時間だったのでは?
私は、普段はBabyとは無縁の生活状況なので、デパートのベビー休憩室がこんなに充実しているの、初めて知りました~。
ほんのちょっぴりでも、お会いできて私も嬉しかったです。今度は是非、ゆっくり岳君と遊びたいと思います。

子育て中でもきっと読書の時間も取られていると思いますが、私、今年読んだ中で今のところの1番は、原田マハの「キネマの神様」です。文藝春秋文庫から出ています。解説を片桐はいりが書いていて、これもなかなかです。きっと、サリちゃんも気に入ってくれるんじゃないかな?(もう読んでるかもしれませんが、お薦めです)寝かせつけちゃったら、読んでみてください。

>ISOさん

コメントありがとうございました。
そう、育児休業…というと、通常は子が一歳になるまでのお休みですよね。でも私の場合、職場との労働契約の更新がらみで、取得できると決まったのが職場復帰後だったので、今更長期離脱する訳にいかず…二週間だけの育休だったんです(^^;;すでに親も子も、元気に社会復帰しました(笑)
鳥取も、よくよく聞けば保育園も選び放題という訳ではないようで、兄弟別々の園に預けている同僚もいて大変そうです。待機児童問題、本当に行政の力で何とかしてほしい所ですよね。
本当は、今シーズンのフィギュアは大きな大会が続々日本で開催されるので、本気で追っかけやろうかと考えていたこともありました。今はテレビ観戦も邪魔が入ってばかりで、ソチ五輪の頃は息子のやんちゃぶりもどうなっているやら…今から心配です…

>NCさん

コメントありがとうございました。
そして過日は、本当に束の間の逢瀬でしたが、嬉しかったです!次の帰省はいつになるやら?ですが、今度はぜひゆっくりと…またこちらにも遊びにいらしてくださいね。
出産祝いの買い物以外に行ったことがなかったベビー用品売場ですが、本当に重宝させてもらっています(買い物より休憩がメインで申し訳ないんですけど・汗)。上のコメントでISOさんも書かれてましたが、平日のデパートはベビーカーを押したお母さんがたくさんいて、確かにこれは息抜きにいいなあ、と思いました。私は気楽な職場で昼間はリラックスしています(笑)昼休みにお勧めの本、読んでみますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 読書の秋 | トップページ | 植田正治写真美術館 »