2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

* link *


無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月27日 (日)

読書の秋

131024tosyo1_3読書週間が始まって、新聞の書評コーナーが拡大版で特集を組んでいるのを目にしつつ

「まともな読書なんて、もうどれくらい出来ていないだろう…」

と、ちょっと寂しい思いをしています。

とは言え、家の近所の図書館にはちょこちょこと足を運んでいるのです。

改築工事中でずっと仮住まいの場所で運営していたのが、お盆明けについにリニューアルオープン。
全面バリアフリーで通路も広く、子どもの本のコーナーが拡充され、授乳室まで完備されて、ベビーカーで散歩のついでに寄り道するのに格好の場所となりました。

同じ敷地に建つ美術館も同時に改築され、多目的広場やカフェも出来て、とても居心地のいい空間が出来て本当にうれしいです。税金の払い甲斐もあるというもの(笑)

美術館の一角に、新鮮なフルーツのメニューが売りのカフェが出来たのも朗報でした。
子連れだと、なかなか優雅なティータイム…という訳にいきませんが、過日、仕事の都合でぽっかりと一人の自由時間が出来たため、空き時間を満喫してきました。

131024tosyo2
お店に入る前に、ダッシュで図書館で借りてきた一冊は、松田道雄著「定本 育児の百科」
育児書の古典のような本で(何しろ初版が出たのは私の生まれる前ですから)時代を感じさせる記述もありますが、さすがは長年読み継がれている名著。

目下、息子の離乳食作りが悩みの種の私(とは言っても、自分で作るのは休みの日だけで後は保育園にお任せなのですが…^^;)。
これは食べた、アレは食べなかった、次は何をどう食べさせよう…と色々考えてしまうのですが、松田センセイは悩める母親に

「人生は食事だけではない。」

と、断言してくれていました(笑)肩の力が抜ける名言!今なお多くのお母さんに支持されている理由がよくわかりました。
情報に振り回されず子どもの現実をしっかり見ればいい、という主張が貫かれ、きっぱり言い切るアドバイスの数々に力をもらえた読書でした。

ちなみに、7ケ月になった先週から、保育園での離乳食が一日2回食になり、内容も大人の食事に一歩近づいた息子。

忙しさに毎月いただく献立表にろくに目を通せずにいたら、ある日口元から納豆のにおいをプンプンさせていました…Σ(`0´*)

実は私、納豆は大の苦手。
朝ドラ「ごちそうさん」で、主人公が下宿人の納豆嫌いを克服させようと奮闘するエピソードが流れた際は、「朝からアップでなんちゅうもんを見せるんじゃあ!」と、テレビの前で鳥肌を立てていました。

でも、先生の報告では、息子は嫌な顔もせず初めての納豆を満喫したそうで…
周囲の子育て中の友人からも、子どもは納豆が本当に好き、という話をよく聞くので、ここは母として乗り越えるべき試練か…と思案に暮れているこの頃です。

2013年10月14日 (月)

サルビアと大山

真っ青な秋晴れの空に誘われて、昨年に引き続き「とっとり花回廊」に出かけてきました。

131013hana1
毎年恒例の、「花の丘」に植えられた100万本のサルビア。空の色とのコントラストが鮮やかです。

131013hana2
「伯耆富士」の異名を持つ大山も、ご覧のとおりくっきりと見えました。
あとひと月も経てば、この山肌も白く雪化粧して、またひとつ季節が移り変わっていきます。

バリアフリーの園内は、ベビーカーを押して回るのも快適。コスモスや秋バラなど、咲き誇る花をたっぷりと鑑賞し、楽しかったです。
一角に、去年はなかったオープンカフェが出来ていました。

131013hana4
歩いていると汗がにじむようないいお天気。運動した分のカロリー消費は帳消しになりましたが、青空の下で飲むアップルタイザー、最高でした。

131013hana3

息子もミルクを飲んでゴキゲン、なんだか「いっちょまえ」な感じで座ってます(笑)

2013年10月12日 (土)

44歳になりました

残暑の名残から一転、空気が爽やかなに澄む秋晴れとなった連休。おかげさまで、元気に44回目の誕生日を迎えることが出来ました。

お祝いメッセージを送ってくれた友達が教えてくれたのですが、10月12日はブラジルの「子どもの日」なのだそうです。

本当に何もないところから始まって大きくなるのだという生命の神秘を、身を以て体験している今となっては、自分がこの世に生まれて、ここまで歳を重ねてこられたことがただただ、ありがたく。

いろいろな形で届けられるお祝いの言葉に、いくつになってもお誕生日はうれしいものだと、心浮き立つ一日を過ごしました。感謝です!

夫がご馳走してくれるというので、息子を預け、夫婦水入らずのお祝いランチをいつものフレンチレストランで味わいました。

131012

いわしとじゃがいもの重ね焼きに田舎風パテ、メインはイチボ肉のステーキで、デザートはイチジクのコンポートをチョイス。堪能いたしました。

お昼の前に、近場の日帰り温泉で、久しぶりにのんびりとお湯に浸かったのも極楽!「命の洗濯」とはよくぞ言った、という感じです。
四十代も折り返し地点間近。先のことはわかりませんが、とりあえずは心身ともに健やかで、日々の務めを果たしていけるよう、がんばっていきたいものです。

2013年10月 3日 (木)

0.5歳になりました

先日、市が行う6ヶ月時健診に息子を連れて出かけました。

保育園でも、いつもたくさんのお友達に囲まれていますが、同じ月齢の赤ちゃん達と一堂に会するのは初めての体験(タイミング悪く発熱することが続いて、未だにBCG接種が終わっていません…(;´д`))。

赤ちゃんにも個性があって、育ち具合も人それぞれ…と頭ではわかっていましたが、実際に目にしてみると、大きさや髪の生え方、身体の動かし方から着ているものまで、まさに十人十色、ということを実感しました。
どんな子も皆、可愛いことには変わりないです♪

母子手帳の記録を見て、保健師さんも小児科の先生も
「生まれた時は小さかったようですが、順調な発育ですよ」
と太鼓判を押してくださいました。
体重は7976g、身長は69.7㎝。

131003take1

寝返りは全然上達しない一方で、お座りがお気に入りになりました。
ロディーのおきあがりこぼしに戦いを挑む図(この後耳にかじりつくパターン・笑)

予定日より早く生まれて、成長曲線の下限ギリギリのサイズだった息子が、しっかり標準レベルになったのは、保育園に通い始めてからのことでした。

経験豊富な保育士の先生が、生活のリズムを整えながら上手にミルクの量を増やしていってくれたことに、本当に感謝しています。
今は、昼間は保育園で搾乳した母乳とミルクと離乳食、朝晩は母乳に様子を見ながらミルクを足して…という具合で、新生児の頃、おっぱいを飲まないのが悩ましかったことがウソみたいに食欲旺盛です。

周囲に心配をかけながらも、非正規雇用の立場では他に選択肢がなく、産休明けの職場復帰をした訳ですが、私たち親子にとっては、選んだ道がいい結果につながりました。

以前、保護者会で聞いた講演で、講師の方が「子育ては、母親の本能でするものではない。その子が生きる社会に、育て方の智恵が文化として伝わり機能しているのだ」という話をされました。

「だから、まわりの色々な人の手を借りて育てていけばいいんですよ」

と言われたことに、大いに勇気づけられたものです。

応援を力に…というと、何だかアスリートみたいですが(苦笑)
これからもどんどん新しいステージへ進んでいく息子を、一生懸命見守っていきたいと思っています。
支えられながら支えていく日々、出来ることをやれるだけ…の心がけで。

131003take2

これ、ボクにも関係あることですか??と記事の見出しに興味深々の様子(ウソです)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »