2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

* link *


無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

風立ちぬ

130826cinema

自分の夢に忠実にまっすぐ進んだ人物を描きたいのである―

と、監督自らが書いた企画書には
「飛行機は美しい夢」
というタイトルがついていました。

2時間余の映画が描き出す情景は、その通り本当に、息をのむほどの美しさに満ちていて、時折心を激しく揺さぶられました。

筋立ては荒っぽく、状況説明も不親切なところが多く、「ハウルの動く城」あたりから顕著になってきた宮崎監督の「わかるやつだけわかればいい」という姿勢もここに極まれり…という感じでしたが、そこはもう、ファンとしては「好きにやっちゃって~」という感じで(苦笑)

大きく広がった空から草木を震わせてやって来る風を、全身に浴びる時のめまいのするような感じ。
実写の映画でも、自分の肌の記憶を呼び覚まされるような体験はなかなか出来るものではなく…
こうしてまた、スクリーンで新たな宮崎アニメが観られたこと自体、美しい夢と向き合っているような思いでした。

父方の祖父が名古屋の三菱で働いていて、社宅で過ごした新婚時代の思い出を聞いたことがあったり、母方の祖母が子どもの頃に体験した関東大震災の記憶を繰り返し語っていたこともあって、上映中は懐かしい人たちの顔を思い浮かべていました。

そして、昭和16年生まれの宮崎駿は、私の父と同い年。
私は「アルプスの少女ハイジ」のTV放送をリアルタイムで見て育った世代です。

前作の「ポニョ」の鑑賞後は、正直「この作品で幕引きっていうのは、ちょっと…」という感想でしたが、この映画を観た後は、あまりのやりきった感に「これは、本当に最後になっちゃうかもしれないねえ…」と、夫としんみりしてしまいました。

公開後に放映されたNHKの関連番組が興味深くて思わず購入した2冊。じっくり読む時間がなかなかないですが、読み応えあり。

2013年8月19日 (月)

最近のお弁当

ものすご~く久しぶりに綴るお弁当の記録(;´Д`A ```
熱気がこもる台所で、忙しい朝に仕事を増やす気力がなく…夫の出張や夏休みもあって、すっかりお弁当づくりが日課から遠ざかってしまったこの夏です。

1306823lunch17月9日のお弁当箱

玉子焼き

ウィンナーといんげんのソテー

かぼちゃの煮物

アスパラガスのじゃこ炒め

発芽玄米入りごはん 

1306823lunch27月12日のお弁当箱

ミックスビーンズのマリネ

蒸しブロッコリー

豚小間とアスパラガスのオイスターソース炒め

玉子焼き

発芽玄米入りごはん

1306823lunch37月18日のお弁当箱

高野豆腐とにんじんの炊き合わせ

ピーマンのクレイジーソルト炒め

根菜入りミニハンバーグ(冷凍食品)

玉子焼き

押し麦入りごはん

1306823lunch47月23日のお弁当箱

小松菜のおひたし

ミニがんもどきの煮物

ハムとオクラの炒めもの

玉子焼き

炊き込みごはん

1306823lunch58月19日のお弁当箱

かぼちゃと金時豆の炊き合わせ

小松菜のおひたし

豚のしょうが焼き

玉子焼き

押し麦入りごはん

今年もゲリラ豪雨のニュースをよく目にし、お隣の島根では集中豪雨による大きな被害も出てしまいました。

1306823lunch_6

こちらは先週の木曜日、職場で「急に暗くなった…」と窓の外を見たら、あまりに禍々しい黒雲が空を覆っていて、ビックリして思わず携帯で撮った1枚。

雲間から時折稲妻が光って、エイリアンか怪獣が襲ってきそう~!!と、同僚たちとキャーキャー騒いでしまいました。
(直後に、外に出るのがためらわれる凄まじい土砂降りと雷になり、1時間帰るのを伸ばして雨宿りする羽目に…)

猛威をふるう自然の前では、ひたすら謙虚に危険を避けて身を守る他ないですが…暑さにしても雨にしても、穏やかな季節の到来を願うばかりです。

2013年8月18日 (日)

パンケーキでモーニング

暑さに負けて、朝から台所に立つ気にもなれない週末。高島屋の中に、この春からオープンしたパンケーキのお店へ出かけてきました。

130817tottoko1

この辺りは、パン屋さんも県産の小麦を使ったお店が多いのです。地産地消バンザイ!

130817tottoko2

ブランチを食べるつもりで10時のオープン直後に行ったところ、12時まで「モーニングセット」のメニューがあることが判明。パンケーキのお皿にミニサラダとヨーグルト、飲み物がセットになっていました。
夫はハムエッグ付のパンケーキ、私はアップルシナモンのパンケーキを選択。
軽い焼き上がりでふんわり、美味しかったです。

130817tottoko3

添えられていた、黒蜜・メープルシロップ・ハチミツの3種類のシロップ。
この容器、何だか中華料理のテーブルでよく見るような…?
と思ったら、テプラシールの下にはうっすら「酢」「醤油」の文字が…リサイクル…(;´Д`A ```

2013年8月14日 (水)

盆踊り

お盆休みのシーズン真っ盛り。
自分の職場は通常運転でも、夏休みの夫が通勤と保育園への送迎係をやってくれるだけで極楽気分の毎日です。

14日の夜は、米子の盆踊り大会でした。
例年の会場が工事中ということで、今年は家の近くで催されることになり、せっかくだからと見物に出かけてきました。

この夏は一度も着ることがないかも…とあきらめていた浴衣。
息子の授乳を済ませて、以前、夫が西松屋で買ってきた甚平を着せた後、自分も大急ぎで袖を通しました。

130814bonodori1
盆踊り大会は今年が47回目となるそうで、歴史をさかのぼれば江戸時代から受け継がれているという由緒正しいもの。
なんと、鳥取県の無形文化財にも指定されているのだそうです。

130814bonodori2
「たいしょう踊り」「こだいじ踊り」「さいご踊り」という3種類の踊りがあるそうで、それぞれ異なる唄と振付で、皆さん軽やかに踊られていました。平均年齢は相当高めとお見受けしましたが(^-^;

太鼓のリズムが心地よかったか、息子は踊りの輪をじーっと見つめているうち、いつの間にか熟睡しておりました。
体温の高い乳児を抱いていると、お互いに汗びっしょり。猛暑日の熱気が夜になっても残るこの日はなおさらで…

130814bonodori3 130814bonodori4

上村松園の描く母子像の優雅な雰囲気とは程遠い、汗とよだれにまみれたツーショットです(笑)
仕立ててから着る機会がほとんどなかった、有松絞りの浴衣。ほんの少しの時間、近所への外出でも、やっぱり心が弾みました。

130814bonodori5_2 130814bonodori6_2

息子の甚平は二着。過日の「がいな祭」で着たのは、私がイオンで見つけて買ったものでした。子ども服は9割方、贈り物かお下がりで間に合っているので、普段は売場にすら寄りつかないのですが、なぜかこればかりは夫婦して衝動買いしてしまいました。
ちなみに、両方ともお値段は3ケタ(笑)
来年の夏は、SOU・SOUの伊勢木綿の甚平なんて着せてみたいなぁ…と夢見ています。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »