2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

* link *


無料ブログはココログ

« アサイーボウル | トップページ | 盆踊り »

2013年7月28日 (日)

賑やかな休日

7月最後の週末、米子の夏の大イベント、「がいな祭り」が今年も開催されました。

去年は、ロンドン五輪のサッカー中継が気になって短時間の見物になってしまった「がいな万灯」。
今年は、三重から従妹のあとむ☆ちゃんと叔母が来てくれたこともあり、皆で早めの夕食を済ませ張り切って出かけてきました。

1306727gaina0

息子にとっては初めてのお祭り、甚兵衛スタイルのベビー服で気分を出しました。
親はこんなスタイルですが…
夫が着ているのはユニクロの企業T・鈴本演芸場バージョン

1306727gaina1

今年も夏の夜空を、威勢のいいかけ声・お囃子と共に、万灯の火が彩りました。

1306727gaina2

火の入った提灯をたくさん吊り下げた万灯。
どれくらいの重さなのでしょう?広げた手のひらで頭より高く持ち上げたり、肩や額でアクロバティックに掲げたり。
持ち手の竿に竹を何本も接いで、高く高く掲げるのは最大の見せ場です。

1306727gaina3

地元の企業や団体がチームを組んで、コンテスト形式で技を競い合います。
中には女子だけで結成された「おんな万灯隊」も!お揃いの盛り髪スタイルが決まっています。

1306727gaina4

男性に負けず、顎で万灯を支える大技、お見事!

1306727gaina5

審査対象になるのは、駅前のステージ付近での演技です。
でも、大通りを延々進んでくる間にエネルギーを使い果たしてしまうのか、最後の方では見せ場で万灯を倒してしまうグループも…
チーム力で素早く立て直す様子もまた、見どころではありますが…演技順が審査結果を相当左右すると見ました(笑)

万灯は無事に盛り上がりましたが、この週末は中国地方の各地で集中豪雨による被害が出るほどの天候でした。

翌日は、東京からR&Mちゃん親子が鳥取を訪れてくれました。
皆で大山を見ながらドライヴしようか、涼しい高原で美味しいソフトクリームを食べようか、ブルーベリー摘みをしようか…
あれこれ楽しみに練っていた計画は、お昼からの土砂降りの雨で立ち消えに…

1306727pancake1
結局、雨の勢いがおさまるまでわが家で雨宿りして、お茶の時間になってから皆で「Mont-Cafe」へパンケーキを食べに行きました。
5歳になる双子ちゃんも、大きくてふわふわのパンケーキを喜んで食べてくれました。大人達が喜んで協力したこともあり、どのお皿もきれいに空っぽに!
最初は「量が多いから無理かも…」と心配していたお店の方からも、「よく食べられたね!」とお褒めの言葉をいただきました。
1306727pancake2

二人がお母さんのお腹の中にいた頃から、成長を見守ってきた私には、会う度大きくなって、お土産の指人形で息子をあやしてくれる姿が感慨深かったです。

1306727gainahanabi

予定されていたイベントは、多くが悪天候の影響で残念なことになったお祭りですが、フィナーレを飾る花火大会は無事に開催されました。

遠来のお客様に息子のお披露目も出来て、話に花を咲かせ、一緒の時間を楽しめたことが、わが家にとっては何よりのお祭り。
返す返すも、雨に邪魔されてお客さまにロクな観光案内が出来なかったことは残念でしたが、それもまた、今年の夏の大切な思い出になりました。

« アサイーボウル | トップページ | 盆踊り »

山陰観光」カテゴリの記事

コメント

お祭り、とても楽しそうですね。
万灯がきれい!
人出は多いでしょうが、きっと大阪の天神祭のようなことはなくて、だからお子さんを連れていけるのでしょう。
そういうところもいいなあと思います。
甚平を着たお子さん、可愛いさひとしおですね!

>1go1exさん

普通なら、人混みの中にこんな乳児を連れて行くのは…と迷うところでしょうが、下手をすると万灯の演技をしている人と観衆の数が同じか、もしかして逆転?という感じでして(苦笑)
メインステージ付近の混雑を避けて場所を選べば、ベビーカーでもまったくご迷惑にならないのがラッキーでした。
天神祭のにぎわいは比べものにならないでしょうね!この頃、どんどん人混み耐性が弱くなっている自分を感じます(笑)
来年は息子にもっと本格的な甚平を着せたいなぁ、でも、ちょこまか動いてかえって連れ歩くのが大変かなぁ、なんて思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アサイーボウル | トップページ | 盆踊り »