2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

* link *


無料ブログはココログ

« 新しい生活 | トップページ | お宮参り »

2013年4月18日 (木)

一ヶ月健診

目の前の用事に追われて余裕のない日々を送るうちに、いつの間にか産後一ヶ月が経っていました。
この間、実家の母が米子の家に応援部隊として来てくれて、ご飯作りを請け負ってくれました。
人生の中で、こんなに母と一緒の時間を過ごして、手料理を食べる機会が巡ってくることはもうないかも。
これも、息子が運んでくれた贈り物でしょうか。

そもそもの始まりが想定外だったので、子育てというものは思い通りにいかないのが当たり前、ということだけは覚悟が決まっていたつもりでしたが、大変さも面白さも含めて
「こんなことになっちゃうとは…!」
と驚かされることの連続です。

何より意外だったのは、「赤ちゃんが泣く→お世話する」の連続で寝不足なんだろうなぁ、という事前のイメージとは真逆で、わが子が食欲より睡眠欲、放っておけばいつまでも眠っているタイプの新生児だったこと。

入院中から退院後1週間くらいは、3時間ごとに寝ている子を必死に起こし、無理矢理授乳させるという、思いもよらない作業でくたびれました。
無理矢理起こすのは夫だけで手一杯というのに…

体力がついてくれば、お腹すいた、って大声で泣いてくれますよ…という助産師さんの言葉が最初は信じられないほどでしたが、その通り、今では耳をつんざく程の立派な泣き声で授乳をせがんでくれるようになりました(笑)

小さめサイズであることに変わりはないですが、一ヶ月健診の結果は問題なし。
高齢母も「無理しない、背伸びしない」を信条にやっていくつもりなので、マイペースでゆっくり育っていってくれればいいと思っています。

130419baby

初めての爪切りをした日。私は怖くて、いつも夫に任せてしまいます…

« 新しい生活 | トップページ | お宮参り »

子育て右往左往」カテゴリの記事

コメント

夜中の授乳頑張っていますか?
私は息子が寝静まった夜中に離乳食の下ごしらえも含めて一息ついてますriceball
息子くん、とっても可愛いですねlovely
髪もフサフサくんですねhappy01
この時期って、本当に無力でか弱い、守ってあげなきゃ!って存在でした。
ただひたすら懸命におむつ替えや授乳頑張ってました。
もう本当にあっという間の10ヶ月でしたが、懐かしいのもあり、今現在その時期真っ只中でいられて羨ましくもあります・・・。happy02
何か困った事があれば、迷惑なんて一切考えず、がんがん人に頼ってくださいねshine

>あずさん

応援メッセージいつもありがとうございます!何とかがんばってます。
息子は抱っこ大好きっ子で、一人でベビーベッドに落ち着いていてくれる時間が少ないので、本当にやりたい用事が進まないのですけど(苦笑)
イライラしても仕方ないので、私もまるっきり新生児のリズムで暮しています。でももうすぐ仕事を再開するので、生活のリズムを作らないといけないんですけどね・・・

離乳食を食べ始める時なんてはるか先のように思えます。下ごしらえなど色々手がかかりますよね、あずさんもお体に気をつけてがんばってくださいね。

よく眠ってくれる赤ちゃん、親孝行ですね。
私は次女のときは毎晩10時頃から泣き始めて、何をどうやっても夜中の2時頃まで泣き続けるので、ずいぶん大変な思いをしました。今となってはいい思い出です。
爪切りは私もこわくて、いつも夫にしてもらっていました。

>1go1exさん

眠り病のようだった生まれたての頃の静けさはどこへやら、今では抱っこ大好きで、ベッドに寝かしつけようとすると大泣きする子に変貌してしまいました(苦笑)
赤ちゃんの眠りは基本浅いそうですが、わが子もどちらかといえば夜型かも・・・どうやって生活のリズムをつけたらいいか、思案中です。

いつか懐かしく思い出す「あの頃」を今、過ごしているんだなあと、子育ての先輩方のお話を聞くとしみじみ思います。

仕事を再開!?早くないですか?
産後無理すると後で体にガタが来ると言うし、赤ちゃんも最低3年は側にいてあげるのが赤ちゃんにとってもお母さんにとっても理想って言われましたよ。
先を考えたら…。と。

旦那さんが働いてらっしゃるなら子育てに専念出来るものだと思いますが、大丈夫でしょうか?
何を一番に優先するかですが、赤ちゃんあんまり寂しがらないといいですね。

離乳食、初めは戸惑いましたが今は手慣れたもんでフープロあればらくちーんてな感じでやってます。
皆さん程凝った離乳食は作っていないし、たまにレトルトも上手く活用してますが(最初は手作り食べてくれなかったので)
なるべく自然の味をと、砂糖、塩は避けてます。

これも始まると楽しいですよ♪

写真送れたらいいのですが、うちの息子も未だにベビーベッドに寝かせるのは嫌がるし、オムツ換えも嫌がるし、着替えも一苦労なので寝たきり赤ちゃんが羨ましいです(笑)

1年経てば、赤ちゃんから幼児だし、本当に今の時期成長も目まぐるしいし赤ちゃんの時期って一瞬だけなので一瞬一瞬を大事にしてあげてくださいね。

その家その家で事情はおありでしょうが、大人の都合に子供を振り回してはいけないと、私は仕事している段ではない!と極力育児に専念…してあげられていたらいいなぁ〜って感じで疲れもしますが何とかやってます。

>あずさん

心配してくださってありがとうございます。
人生も折り返し地点を過ぎているせいか、あれもこれも手放したくない、と欲張りで…(苦笑)
でも、職住近接で短時間の勤務ですから、そんなに預けっぱなしというわけでもないんですよ。
運良く、夫婦共に「ここならぜひ!」と思える、きちんとした教育方針の保育園も見つかったので、幸運でした。
母親が働くことについては色々な意見があると思いますが、人それぞれ、まずは「お母さんがいきいきして笑えていること」を大事にしていけたらなあ、と思っています。

“お母さんがいきいきして笑えていること”は、私が産後十ヶ月経過し、色々慣れない育児に苦しんで試行錯誤、四苦八苦しての、ようやく思ったことですね〜。
それまでは、自分より赤ちゃん!って感じでやってきましたから…。
まあそのぶんプレッシャーも強かったし、爆発したりと、それくらい、子供と真剣に向き合う母親ってのは大変なんだなーと身をもってわかりました。
子育てって単におむつ変えて母乳あげればいいって訳ではないし、それじゃ将来子供も心持たないロボットになりますから。
やはり、親が愛情を与えないと心が暖かい子にはならないと思うんです。
子供は大人とは感じ方も違うから大人の言い分なんて通用しないし、幼い内から我慢をさせて、自分の都合で子供を適当な扱いをし、寂しい思いをさせて冷めた子にはなってほしくないなーと育児に不安を感じていたりもします。。
将来その子が苦しむし…。
母親が一緒に寝ないだけでも将来グレる確率が高いとか言ってましたよ。
子は何かのオプションやペットではなく、“人”を育てているので、自分の趣味や都合を優先したりの、機械的な接し方ではいけないよなぁと自分も日頃から反省してます。
何で自分の元に産まれてきたかって考えてあげたいですよね。
きっと意味があると思います。
サリィさんが何歳かわからないですが、ようやく腰を落ち着けて育児に専念出来るような時期に達したから、これなら赤ちゃんも安心して満足な育児をしてくれると、サリィさんの元に会いに来てくれたような気がしましたが(^_^)
赤ちゃんは侮ったらいけないですよ、本当に。
私も日々反省です、どうしたら穏やかで聖母のような育児が出来るかと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しい生活 | トップページ | お宮参り »