2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

* link *


無料ブログはココログ

« あたたかい雪の日 | トップページ | 愛しの白バラ »

2013年2月 9日 (土)

今週のお弁当

130209lunch12月5日のお弁当箱

玉子焼き

蒸しブロッコリー

高野豆腐入りお煮しめ

ひじきの煮物

出勤時、ブーツを履いたら足裏に「グシャ」と微妙な感覚。案の定、節分の豆まきの拾い忘れが発見されました(小袋入りの豆をまいたので被害は少なかったけど)…ちなみに年の数だけ食べるのは、もう何年も前からギブアップしています(苦笑)

130209lunch22月6日のお弁当箱

ほうれん草とにんじんのソテー

豚のしょうが焼き

かぶのスープ煮

玉子焼き

前日の夕食は、白菜やかぶを入れた豆乳クリームシチュー。下ごしらえの段階でかぶをちょっと取り分けておいて、お弁当のおかずに転用…

130209lunch32月7日のお弁当箱

ねぎのベーコン巻き

蒸しブロッコリー

肉じゃが

玉子焼き

米子はねぎが名産品。今年も甘味の強い「春ねぎ」が出回りはじめました。ベーコンで巻いてオリーブオイルをひいたフライパンに並べ、フタをして蒸し焼きにするだけで本当に美味しいです。

130209lunch42月8日のお弁当箱

さつまいものベーコン煮

ほうれん草のおひたし

鶏ささみと玉ねぎの梅風味煮

玉子焼き

ささみと玉ねぎに、みりんとしょうゆで薄く味付けした出汁と手でちぎった梅干を加え、レンジで4分加熱した梅風味煮。シリコンスチーマーを使うと便利ですが、わが家のルクエはレギュラーサイズしかないので、お弁当用に少量だけ…の時は、パスコのプレゼントでもらった小さいスチーマーがちょうどいいです。毎朝のパンは「超熟」と決めているので、今年も点数券を地道に切り取ってます(笑)

月曜の朝、ニュースの冒頭で市川團十郎丈の訃報に接し、信じられない思いでした。

5月まで元気に舞台に立っていた勘三郎丈が、暮れには亡き人になってしまったのも驚きでしたが、今回も体調不良が伝えられてからあっという間の哀しい結果で…

追悼の記事にこれだけ「決してうまい役者ではなかった」という言葉が並ぶ大看板というのも珍しい存在かと思いますが、大らかな佇まいで周囲のお芝居を受けて立つ、その存在感は忘れられません。

漫画家の長谷川町子さんは先代のファンで、隠し子的な存在だった当代の團十郎の存在が明るみに出た時のことが、サザエさんの原作のネタとして登場しています。
そのあたりの事情は、宮尾登美子の小説「きのね」のモデルにもなっていますが、人生のはじまりには決して陽の当たる存在ではなかった人が、ここまでまっすぐな強さを持って一生を歩まれたことに、敬意を表します。心からご冥福をお祈りします。

« あたたかい雪の日 | トップページ | 愛しの白バラ »

お弁当」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あたたかい雪の日 | トップページ | 愛しの白バラ »