2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

* link *


無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

今週のお弁当

111130lunch1

11月26日のお弁当箱

さつまいものゆずはちみつ煮
しめじのソテー
がんす(お客さまの朝食にサンドイッチで出したものの残り(^-^;)
ブロッコリーの胡麻和え
玉子焼き

まさかの美輪サマ初出場にのけぞった、紅白出場者発表のニュース。NHKでは、7時のニュースの武田真一アナも9時のニュースの井上あさひアナも、見事に「きゃりーぱみゅぱみゅさん」と噛まずに読んでいてさすが!でした(笑)司会の梅ちゃん先生もがんばってね…

111130lunch2

11月27日のお弁当箱

ピーマンのおかか炒め
餅巾着の含め煮
さつま揚げとにんじんの煮付け
玉子焼き

週末の鍋&カニパーティー、やはりNHK杯フィギュアを見ながらの鍋奉行には限界があったか、入れるつもりが忘れていた具材を後から冷蔵庫に発見…よく見れば賞味期限が間近!そういうわけで、こういうおかずです(恥)
それにしても、試合を延々生放送で見せてくれるNHK杯ってやっぱり素晴らしい。試合の合間のショータイムで華麗な滑りを見せたどーもくん達も、かっこよかったです!

111130lunch3

11月28日のお弁当箱

秋鮭の塩麹焼き・きのこ添え(しめじ・生椎茸)
ブロッコリーとにんじんのおかか煮
玉子焼き

毎週水曜深夜は、首都圏より一週遅れで放送される「孤独のグルメ(season2)」を見るのが楽しみですが(今週、小岩の四川料理の回でした)、先日ひょんなことから「今、テレビ東京では“世界の料理ショー”の再放送をやっている」という話を聞きつけ、あまりのうらやましさに七転八倒!
実はDVDも持っている(!)ほど、あの番組は子どもの頃のお気に入りでした。見たこともない調理器具と聞いたこともない調味料、全然味は想像できなかったけど「おいしそう~」と憧れてたなぁ。

111130lunch4

11月29日のお弁当箱

ちくわと高野豆腐の煮物
豚のしょうが焼き
蒸しブロッコリー
玉子焼き

大山山麓で採れるブロッコリーは秋が収穫期、ということでそろそろ時期も終わりです。お弁当の彩りに、ホントにお世話になりました。
これから、米子の名産である白ネギが本格的に出回るシーズンになると思います。今年も残すところあと一ヶ月、本当に季節が巡るのは早いものです。

111130lunch5

11月30日のお弁当箱

玉子焼き
小松菜と豚肉の炒め物
ウィンナーのソテー
ミックスビーンズのチーズ焼き

今週、一番気になったというか身につまされたニュースが、豪雪被害による北海道の大規模停電でした。山陰でも、二年前の記録的な大雪の際には、送電線の鉄塔が倒れ停電になったそうです。いざ、そんなことになったら…と想定してみると、まだまだ備えは万全ではないなぁ、と反省。まずは心構えの準備から見直して、冬の到来に備えたいと思います。

2012年11月27日 (火)

おもてなしごはん

結婚して初めて住んだ部屋は、人が集まる家相だったのか、本当にお客さまがよく来てくださる家でした。
鍋パーティー、すき焼きパーティー、餃子パーティー、宅配ピザ…大勢でワイワイテーブルを囲んだ日々も今は昔。

鳥取の家にお客さまを迎えるにあたって、おもてなしとしてまず、頭に浮かんだのが、漁解禁となったばかりの松葉ガニを食べてもらうこと。
ちゃんとしたお店でいただけば、それなりのお値段になる高級食材になりますが…

朝のうちに市場の鮮魚コーナーへ行けば、漁の最中にハサミや脚がもげてしまったカニさんたちが、スチロール箱ひと箱いくら、という破格のプライスで売られています。
多少、見栄えに目をつぶってしまえば、一人一杯、茹でたてのカニをお手頃に食べられるというわけで…

111126gansu0

じゃーん

土曜の夜はカニとお鍋をわが家で楽しみました。この日は、フィギュアスケートNHK杯の男女フリー当日とあって、お客さまにもフィギュア鑑賞にお付き合いいただいたという次第(笑)
カニを茹でつつ、大ちゃんと羽生くんの優勝争いを見守り、カニを食べつつ、真央ちゃんどうしちゃったの~?とドキドキ…
しかし、スポーツ観戦しながらカニを食べる、というのもなかなか両立が難しい(どっちも集中力を必要とするので)(;´▽`A``

111126gansu1 111126gansu2

朝ごはんには、東京には売っていない「がんす」(魚のすり身と野菜をコロッケ?メンチカツ?風に揚げたもの)と、一緒にランチを食べに出かけた「コウボパン小さじいち」の“おやきマフィン”で、ご当地バーガーならぬご当地マフィンサンドを作ってみました。

111126gansu3

炒めたキャベツを一緒にはさんで、適当に野菜を添えて(笑)一応、好評だったのでよかったです(料理というより素材の力の勝利)。

111126gansu01

ちなみに、当日お店でいただいた「酵母ランチ」はこちら。
あいにくの曇天で窓から大山の全貌を見ることは出来ませんでしたが、みんなでパンをお代りしてお腹いっぱい。写真にはありませんが、食後の飲み物で出てきたしょうがの効いた「ホットりんご」が美味しかったです。

2012年11月25日 (日)

神在月の出雲へ

三連休となった週末、東京からお客さまが遊びに来てくれました。

以前勤めていた会社の先輩で、二十年来公私共にお世話になっている間柄。

出迎えに行った空港で、懐かしい顔を見つけた時の胸が弾む思い!ふだんは遠く離れているからこその嬉しさですヽ(´▽`)/

当ブログを愛読してくださっているということで、滞在中はこれまで紹介してきたお店にあちこちご案内しました。

そして日曜日は、夫の運転で出雲へ。
全国各地の神様たちが出雲へお出かけになる十月は「神無月」。
一方、集まる先の出雲は「神在月」…ということで、毎年、旧暦十月十一日からの一週間は、出雲大社では「神在祭」(かみありさい)の期間となります。

111125izumo1

十日の夜は、稲佐の浜から神を迎え入れる「神迎祭」の行事が行われて多くの人で賑わうそうです。

111125izumo4

来年5月の「平成の大遷宮」に向けて、屋根の葺き替えや修理が進む本殿。拝観は叶いませんが、横から柵越しに美しい檜皮葺きの屋根を見上げることが出来ました。

111125izumo2

こちらは御本殿の両側に位置する、細長い「十九社」というお社。
神在月に出雲にいらっしゃる神々の宿泊場所(!)なんだそうです。「千と千尋の神隠し」を思い出しました…(゚m゚*)

111125izumo3

という訳で、以前来た時は閉まっていた扉が開けられ、お酒や食物がお供えされていました。

年に一度の貴重な機会、お天気に恵まれた連休ということで、たくさんの参拝客で賑わっていました。神の世界も人の世界も、出雲はお祭り騒ぎの一週間なんですね。

そんなつもりじゃなかったのに、たまたま予定を決めたのがこの時期だった、という幸運に感謝しつつ、ランチタイムは松江へ移動。
不昧公ゆかりの名物「鯛めし」をいただきに、有名な「みな美」へ。

111125izumo5_1111125izumo5_2

パンフレットの写真のように、きれいに鯛そぼろや裏ごしした卵(黄身と白身が別々になっています)をご飯の上に並べるのは難しかったですが、上からかけるお出汁の味は格別。満腹になりました。

お腹をさすりながら松江の街を散策し日没の直前に訪れたのは、島根県立美術館。
松江といえば、宍道湖に沈む夕陽が名物です。
時期的に雲は多かったものの、刻々と光の色を変える空を楽しむことが出来ました。

111125izumo6

前から二番目の仔を撫でると願いが叶うというウワサの「宍道湖うさぎ」。

111125izumo7

美術館のレストランで、湖面に沈むお日様を眺めながらちょっと休憩。お砂糖壺のフタにも、ラテアートにもうさぎです(アップルパイ、誘惑に負けた甲斐のあるとってもいいお味でした)。

111125izumo0

この機会にご朱印帳を初めてみよう、というお客さまと、十ン年かけてやっと一冊分を集め終わった私。それじゃあ…!と、色違いのお揃いで、出雲大社から新しいご朱印帳をスタートさせてみました。

これからどんな思い出を重ねて白い帳面を埋めていくことになるか、楽しみです。いつかどこかで、また一緒にお参りをしてご朱印をいただける日が来ればいいな。

各地の神様が、人の縁などを相談するために参集するという、出雲の神在月。気のおけない間柄の、尽きないおしゃべりを堪能しながら、しみじみとご縁でつながることのありがたみをかみしめた週末でした。

2012年11月22日 (木)

今週のお弁当

111122lunch111月19日のお弁当箱

玉子焼き
にんじんの煮もの
さつまいもの甘煮
ブロッコリーと鶏ささみの塩麹炒め
大根のしょうが煮

先日購入したTHERMOSのシャトルシェフ、早速大活躍しています。大根の美味しい今のシーズン、朝、お弁当の支度の流れで、日替わりの具材と一緒に大根を煮込み、出かける時に保温容器に移しておけば、夕食の支度が一品助かります。ツナ缶とたっぷりのしょうがを薄味の出汁と塩麹で煮込むのが最近のヒット。

111122lunch211月20日のお弁当箱

金時豆(市販品)
じゃがいもと豚肉の塩麹炒め
ほうれん草のおひたし
玉子焼き
+玄米ごはん

細切りにして水にさらしたジャガイモを、多めのごま油で透き通るまで炒め、豚小間肉と酒少々を加えて、仕上げに塩麹で味付けした炒めもの。ジャガイモだけでも、しゃきしゃきした歯ざわりが美味しいです。

111122lunch311月21日のお弁当箱

きんぴらごぼう
ブロッコリーの胡麻和え
タマネギ入りさつま揚げ
玉子焼き
+玄米ごはん

職場のお菓子番長であるAちゃんは、よく自前のお菓子袋から皆におすそ分けをしてくれるのですが「なんか、ネーミングが気になってつい買っちゃったんですけど…」と配ってくれたのが「カンロ ピュレグミ 運命の恋味」 。口に入れたらかなりの酸っぱさ!でも、そのうちに甘い味が広がって、一同「これが恋の味なのね…(忘れてたわ…)」と妙に納得?したのでした。

111122lunch411月22日のお弁当箱

玉子焼き
蒸しブロッコリー
肉じゃが
ウィンナーソテー

いよいよ今週末に迫ったフィギュアスケートのNHK杯。男子はグランプリファイナル出場を賭けた真剣勝負で、今からドキドキです。
日曜の夜、過去のNHK杯の名場面をランキングで紹介する番組を放映していましたが、18歳のプルシェンコやら伊藤みどりちゃんの伝説のトリプルアクセルやら、懐かしい珠玉の映像を抑えて1位になったのが、2008大会の浅田真央ちゃんのフリー、「仮面舞踏会」でした。
私も大好きなプログラムで、3年経った今でも、最後のストレートラインステップのところでは涙で画面が見えなくなってしまったほど゚゚(´O`)°゚それ以来、タラソワ先生が振付ける真央ちゃんのプログラムは大好物です。
今年のフリーは王道中の王道、「白鳥の湖」。
元のバレエにおける黒鳥の有名な踊りをクライマックスに盛り込んで、滑り込んで完成度が高まれば「これぞフィギュアスケートの美!」と拍手喝さいの演技になると思われ…今からシーズンの今後が楽しみです。

2012年11月17日 (土)

日本一の美術館

週末、横浜の実家から両親がわが家を訪問。

到着した日は朝からあいにくの雨となりました。傘をささなくても観光気分を楽しめるところ、と考えて、米子空港から県境を越えて直接向かったのが、安来市にある足立美術館です。

111117adachi6

アメリカの日本庭園専門誌(そんなものが存在することがスゴイといえばすごい…)で、この度十年連続日本一に選ばれたというお庭が有名な美術館。家から近いのはわかっていながら、なかなか訪れる機会がありませんでした。
ミシュランのグリーンガイドにも三ツ星で掲載されているそうで、紅葉のシーズンということもあり、バスで乗りつける団体さん続々!館内の賑わいに目をみはりました。

111117adachi1

曇天の下でも遠くの山々が色づいているのがわかります。枯山水庭との調和を堪能しました。

111117adachi2

木立ちの中に佇む茶室。写真の中の情景は静謐、という感じですが、実際はカメラや携帯を構える人たちの混雑の中でシャッターをきりました(笑)
平日、もう少しゆっくり出来そうな時に来られたら、お抹茶を一服いただいてみたいものです。

111117adachi3
この方が美術館創設者の足立さん。こっちだよ~と順路を指し示しているような銅像ですが、なんでこのポーズ・・・?ちょっと謎(笑)

111117adachi4_2

横山大観をはじめ、日本画を中心に収蔵作品を鑑賞しましたが、やはり「一幅の絵画」としての見事さは、この美術館においては庭園にまさるものなし、という感じでした。

翌日は天気も持ち直したので、大山の麓から皆生温泉のあたりまでぐるりと案内して、我が家でシーズンを迎えた松葉ガニを茹でて味わってもらい、あっという間の滞在が終わりました。

111117anko

母からお土産のリクエストを問われて、千疋屋のケーキか、鳩サブレーか、舟和の芋ようかん・・・と羽田空港で買えそうなものを思いつくまま答えたら、少しずつ全部買ってきてくれました。ありがたきは親の愛(;´▽`A``

一方、私が文房具売り場が好きなのは絶対にこちらの血筋、という父が、やおらカバンから取り出したのが伊東屋の袋。
なんか面白そうだったから、といって取り出したのはこちら。

111117adachi5_2

1枚ずつはがして使うメモ帳なのですが…よく出来てるけど、何だかもったいなくて微妙に使いづらいかも(笑)

2012年11月16日 (金)

今週のお弁当

111116lunch111月12日のお弁当箱

ミックスビーンズのマリネ
さつまいもの甘煮
鶏団子の照り焼き
ピーマンとエリンギのマヨネーズ炒め
玉子焼き

七五三の季節になりました。こちら米子では、七五三行事のことを「紐おとし」というらしいです(それは全国共通の呼び方ではない、ということをお話したら同僚にビックリされました)。別にどこかの紐をどうかして落とす、という風習はないらしいのだけど、果たして語源は何から来ているのでしょう?

111116lunch211月13日のお弁当箱

玉子焼き
豆腐ハンバーグ
さつまいもとベーコンの煮物
小松菜のおかか和え

夜、BSプレミアムで放映していた「E.T.」20thアニバーサリーバージョンを観ました。(夫は今まで一度も観たことがなかったそうです)公開当時、母と一緒に横浜の「相鉄ムービル」という映画館に観に行って、大行列でロビーにすら入れず、次の回の入場が始まるまで建物の外階段(!)で待った思い出があります。生まれて初めて映画館で感涙にむせんだ作品…

111116lunch311月14日のお弁当箱

ひじきの煮物
しめじのバター炒め
蒸しブロッコリー
ごぼうとにんじんの肉巻き
玉子焼き

ブラジルW杯を目指すザックJAPANの最終予選、大詰めのオマーン戦をテレビ観戦。前日から鼻の調子が悪く、夜中、息が苦しくなり目が覚めること度々だったせいか、試合を見ながら意識が遠のいていき…解説の長谷川健太氏の「危ないですよっ!!!」という絶叫にビックリして起こされました(笑)何はともあれ勝てて何より。

111116lunch411月16日のお弁当箱

玉子焼き
高野豆腐とにんじんの煮物
二色のピーマンとベーコンの炒め物

政治に大きな動きがあったり、森光子さんがとうとうお亡くなりになったり、色々と大きなニュースが続いた一週間でした…が、個人的に一番、腰を抜かすほどびっくりしたのが、NHKの森本アナウンサー逮捕、のニュース。お酒に溺れて我を忘れたのか、本当のところはよくわかりませんが、魔が差した、ということなんでしょうか… 何だかとっても残念です(;ω;)

【おまけ】寒気の影響で天気も乱れがちだった一週間。ベランダから見える大山もすっかり雪化粧しました!

111116daisen

2012年11月14日 (水)

ウワサのドライカレー

ネットで近隣のグルメ情報を検索していると、よく目に付くのが「さんぽう」という鶏料理専門店の名前です。
とはいえ、名物メニューの一番人気は、焼き鳥でもから揚げでもなく「ドライカレー」らしい。

これは気になる!というので、過日、休日のランチに出かけてきました。

こちらがウワサのドライカレー。卵で炒めたごはんの上に、しっとりしたドライカレーがどっさりとかかっています(から揚げ付き)。

111111sanpou1

このごはん、チャーハンというほどしっかり味がついているわけではないのですが、卵とカレーライスという定番の組み合わせに、この手があったか!という感じ。
美味しくいただきました(◎´∀`)ノ

ちなみに、わたしが頼んで夫とシェアしたのは、こちらのとりめし(三色そぼろのごはん)。

111111sanpou2

そぼろのお味も炒り卵も美味しかったですが、ついてきたお椀の鶏スープが本当にいいお味で、感動しました。
こちらのお店は鶏だんご鍋も看板メニューらしく、これだけ美味しいスープで食べるお鍋なら…と期待大。
寒さが深まった頃に食べに行きたいものです。

小さな街でもそれなりにお店の移り変わりは激しいようで、以前のブログで紹介したジェラートのお店は突然閉店してしまったらしく、内装工事が始まっていました…飲食店が生き残るって、相当過酷なことなのかな(´・ω・`)

それだけに、長い間地元の方々に支持されている息の長いお店の味には、さすが!と思わせるものがある、と納得した次第です。

2012年11月 9日 (金)

今週のお弁当

111109lunch111月5日のお弁当箱

大根・大根葉・豚肉の炒め物
さつまいもとさつま揚げの煮物
玉子焼き

薄い短冊切りにした大根と刻んだ大根葉を塩もみしておき、しょうゆをまぶして馴染ませておいた豚肉とごま油でジャーッと炒める。さつまいもとさつま揚げの煮物共々、わが家の定番おかずです。レシピの出典は、ン十年前に買い揃えた千趣会(ベルメゾン)のお料理本「素材クッキング」。当時は職場の女子達みんなであれこれ頼んでいたものでした、懐かしい!

111109lunch211月6日のお弁当箱

玉子焼き
牛肉コロッケ(冷凍食品)
蒸しブロッコリー
一口がんもどきとにんじんの煮付け

職場で、資料置き場兼お昼を食べるスペースとして使っているお部屋に置いてあるガスストーブが、今週から稼動しはじめました。家ではストーブを一切使わない(恥ずかしながら自分で灯油ってものを扱ったことがない…(゚ー゚;)のですが、直火(?)の温かさって格別ですね。やかんのお湯がシュウシュウいう感じもステキ。

111109lunch311月7日のお弁当箱

玉子焼き
ピーマンのしょうゆ炒め
豚肉ときのこの塩麹炒め
ジャーマンポテト

最近見なくなったなぁ、と思った、セリーヌ・ディオンが熱唱するEDIONのCM、最近やたらロングバージョンが流れるようになった。ちなみにこちら中国地方では、♪You and I were デオデオ~♪と歌っています。全国で何バージョンあるのだろう?

111109lunch411月8日のお弁当箱

大根葉とじゃこのおかか炒め
八宝菜風春雨炒め
鶏の塩麹漬焼き
玉子焼き

CMの話題つながりで…
何の気なしにテレビを見ていたら「奥様の生活にゆとりを!」というコピーとともに「ハイブリッド除雪機」のコマーシャルが流れました。マンション暮らしのわが家は冬が来ても雪かきとは無縁ですが、何となく気持ちが重くなった一瞬…(ノ_-。)

111109lunch511月9日のお弁当箱

蒸しブロッコリー
高野豆腐と干し椎茸の煮物
ベーコンと二色ピーマンの炒め物
玉子焼き

実家の父と所用で電話をしていたら、「そっちは国際まんがサミットとかいうので盛り上がってるんだって?」と聞かれて(ニュースで見たそうです)「いや、やってることはやってるらしいけど、盛り上がってはいないと思う…」と思わず答えてしまいました…
むしろ職場で皆が話題にする最大の関心事は「年末に市内に中国地方初のマックカフェがオープンすること」だったりします(爆)
さて、鳥取にスタバが上陸する日は果たしてやってくるのでしょうか…

2012年11月 8日 (木)

冬隣の風景

暦の上では立冬を過ぎて、目覚ましが鳴ってもまだ暗い空や、日が暮れてからの空気の冷たさに季節の移り変わりを感じます。

紅葉の見頃を迎えた大山の様子を眺めてこようか、と、先週末にふたりで足を伸ばしてきました。

111104daisen2

白く輝く大山の南壁を遠くに眺めながら、参道を歩いて目指すは大山寺(だいせんじ)。

111104daisen3
奈良時代に建立され、平安時代に山岳仏教の修験場として栄えた、という歴史あるお寺だけあって、山門の佇まいも小さいながらも風格があります。

111104daisen4
鐘楼の向こうに紅葉と雪山。
「冬隣」とは、まわりの景色や雰囲気から、冬の近づいた気配が感じられる晩秋のころを指す季語だそうですが、まさにふたつの季節が隣り合って、美しさを誇っているような光景でした。

111104daisen5
家から眺める大山は、「伯耆富士(ほうきふじ)」の異名にふさわしいなだらかな稜線ですが、荒々しい峠の光景はまったく別の顔です。

111104daisen1_2
途中、車を停めて立ち寄ったのが、地元の野菜や手作りのお菓子が豊富に売られている産直市場。
窓辺につるされていたのは枝つきのトウガラシ。ザルの上にもたくさん干してありました。
瑞々しい葉っぱがついた採れたての大根が、1本100円。丸ごとの大きな白菜やお買い得のサツマイモなどと一緒に買って帰りました。
おでんにふろふき大根、焼いたサンマに大根おろし…葉っぱも含めて、あっという間に食べきりました。白菜たっぷりのお鍋もおいしくいただきました。

冬には冬の楽しみもある。もちろん、雪のシーズン到来のことを思えばちょっと気持ちは重いですが(苦笑)折々の暮らしを楽しんでいきたいものです。

2012年11月 2日 (金)

今週のお弁当

111102lunch110月29日のお弁当箱

かぼちゃの甘煮
鶏のから揚げ(既製品)
ブロッコリーと赤ピーマンのジュレぽん酢がけ
玉子焼き

相変わらずのマイペース更新でぼちぼち続けているブログですが、おかげさまでいつの間にか16万アクセスを突破しておりました。いつも遊びに来ていただき、コメントいただいたりメール等で感想をお寄せいただくのは本当にうれしいです。ありがとうございます。

111102lunch210月30日のお弁当箱

くるみと小女子の佃煮(いただきもの)
小松菜ともやしのオイスターソース炒め
大根と豚バラ肉の炊きあわせ
玉子焼き

先週末、新聞の折込広告で「お買い得!」と紹介されているのを見て、フラフラと衝動買いしてしまったのがサーモスの保温調理鍋「シャトルシェフ」。重い鍋が扱えない私は、ルクルーゼも各種圧力鍋も欲しいと思ったことがないのですが、これは前から興味があったのです。早速作ってみた煮物、大根にじっくり味が沁みて大成功でした。

111102lunch310月31日のお弁当箱

小松菜の胡麻和え
金時豆
タマネギと鶏ささみの梅干し煮
玉子焼き

この日の「ためしてガッテン」はお弁当のおかずの特集。
玉子焼きを美味しい作るコツの紹介で「火は仕上げまで強めで!」と言っているのを聞いて、先日話題になった「キューピー3分クッキングで厚焼き卵が大失敗」事件を思い出しました…(でも、確かに強火じゃないとふっくら&しっかり焼きあがらないものね)

111102lunch411月1日のお弁当箱

にんじんのナムル風
蒸しブロッコリー
しめじのマヨネーズ炒め
かにしゅうまい(冷凍食品)
玉子焼き

早いもので、米子への引越しで始まった2012年も残すところあと2ケ月となりました。大山もいよいよ初冠雪!朝、暖かい寝床を出るのがますます辛いシーズンですが、お弁当派の皆さんがんばりましょう。

11110211月2日のお弁当箱

アボカドのチーズグラタン
ほうれん草のおひたし
肉じゃが
玉子焼き

テレビ朝日系列の放送局がない鳥取県。佳境に入ったフィギュアGPシリーズは、世間よりちょっと遅れて、BS朝日での放送を観ます(;ω;)この2年ほど、時折痛々しいほどのやつれぶりだった真央ちゃんが、ふっくらして元気いっぱいに滑るショートプログラム。半日遅れでうれし涙を滲ませておりました(笑)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »