2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

* link *


無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

せぷてんばぁの締めくくり

先週終わった「梅ちゃん先生」は、最初の一週間で脱落してしまって時々目にする程度だったのですが、主人公の家の近所にある食堂のシーンで、壁に

「マカロニイタリアン」

というお品書きを発見。

これ、クレイジーケンバンドの最新アルバム「ITALIAN GARDEN 」の収録曲のタイトルでもあるのですが(元ネタは神戸の洋食店「グリル一平」の名物メニュー)、もしやドラマの小道具さんはCKBファン??…と、ちょっとわが家で盛り上がってしまいましたヽ(´▽`)/

9月に始まったばかりのCKB全国ツアー、最寄の会場は岡山。
接近してくる台風の進路にドキドキしながら、夫の運転で倉敷まで出かけてきました。

110930ckb1
蒜山のサービスエリアで早めのランチはひるぜん焼きそば。鶏肉入りのみそ味、想像よりあっさりしていました。デザートにいただいた高原の特産ソフトクリームも美味しかったです。

道中、激しく降っていた雨も風も、倉敷に到着してアウトレットで時間をつぶすうちに落ち着いて、思ったより早く晴れ間が見えてきました。
110930ckb5
会場の「倉敷芸文館」は、美観地区まで目と鼻の先という素晴らしいロケーション&風格のある優美な建物に感服。

倉敷、さすがだねぇ…と夫と語り合いながら、美しい街並みを散歩して、小さな路地を歩いていたら、いきなりこんな一画があってビックリ。

110930ckb2
…いつか、「高橋大輔記念館」(倉敷市出身です)が出来る日は…(笑)

休憩とライヴ前のエネルギー補給を兼ねて、旅館くらしきのレストランでお茶してみました。

110930ckb3110930ckb4

今日でおしまい、という夏限定メニューの氷をシェア。
「中秋の名月ですから…」と、思いがけずお月見団子をサーヴィスしていただき、感激。緑いっぱいのお庭を眺めながらホッとしました。
ちらりと覗いた玄関先のしつらえも素敵で、いつか泊まりに来られたらいいなぁ。

110930ckb6
意気揚々と会場へ向かう私たちの頭上に、嵐の後の秋空が広がっていました。

これまで、全国各地でクレイジーケンバンドのライヴを楽しんできましたが、どこの客席でも共通なのが「ロマンスグレーから未就学児まで」の幅広い年齢層(笑)

倉敷のオーディエンスも、老若男女熱かった!
若年性アルツハイマーの気がある(自称)という剣さん、歌詞がトンである曲を5回やり直すというアクシデントもありましたが、他人事とは言えないだけに(?)温かい声援と拍手が飛んでいました。

夫の好きな曲も私の好きな歌もセットリストに入っていて、遠路はるばる出かけた甲斐のあった一夜でした。
会場で買った「マイ・クレイジーケンバンド(P-Vine Books)」、少しずつ読書の秋に楽しんで余韻に浸るつもりです。

9月最後の日にしみじみと聴く、生音の「せぷてんばぁ」は最高!

2012年9月28日 (金)

今週のお弁当

110929lunch19月24日のお弁当箱

エリンギといんげんのバターソテー
パプリカの塩麹マリネ
鶏のから揚げ(冷凍食品)
玉子焼き

上半期、しめくくりの一週間です。半年間、毎朝の習慣で見てきた、NHK-BSの「ゲゲゲの女房」再放送も、いよいよ今週で最終週。
私、今までハマった朝ドラは全てNHK大阪局制作のものだったので、次は「芋たこなんきん」辺りを再放送してほしかったのですが…「おひさま」だと聞いてガッカリ(ノ_-。)「純と愛」に期待、かな?

110929lunch29月26日のお弁当箱

玉子焼き
しめじと豚肉のマヨネーズ炒め
小松菜の胡麻和え
ミックスビーンズのマリネ

新卒で勤めた会社で、公私ともに大変お世話になった先輩が、この秋欧州にご栄転。親しい仲間内の送別会が今日、と幹事に誘ってもらってはいたものの、どこでもドアもないし…と残念に思っていました。
ところが、席上のご本人から「そっちのiPadとこっちのiPhoneでFacetimeやればいいじゃん」と℡あり。アップル社さんのおかげで、懐かしい皆の顔を見ながら私も送別のご挨拶が出来ました。技術の進歩ってすごいですね。(Facetimeの設定に手間取り、化粧する間もなく、どスッピンでの再会になったのは悔やまれます…テレビ電話の功罪…)

110929lunch39月27日のお弁当箱

玉子焼き
がんもどきと干椎茸・にんじんの煮付け
キャベツ・アスパラ・ベーコンのルクエ蒸し

お昼休み、職場の若い子から「横浜出身の人って、みんな崎陽軒のシュウマイが好きって本当ですか?」と尋ねられました。
どうやら、過日TV番組の「ケンミンショー」で神奈川(横浜?)が特集されていたらしいのですが、そりゃそうだよ!シウマイ弁当はハマっ子のソウルフードだよ!と、思わずCMソングを熱唱してしまい、若干ひかれてしまいました(苦笑)

110929lunch49月28日のお弁当箱

おさかなのハンバーグのソテー
かぼちゃコロッケ(冷凍食品)
里芋とアスパラガスの味噌煮
玉子焼き

最近、スーパーでやたらと目につき、気になっていたニッスイ おさかなのハンバーグ 。お弁当に!というパッケージのコピーにつられて買ってみたら、子どもの頃好きだった魚肉ソーセージのまさにハンバーグ版(笑)体質的にコレステロール値の高めな私には向いているおかずかも…?

今週のお弁当づくりは4日分でした。名月の季節なのに、週末は台風の様子も気になります。大きな被害が出ないことを願っています。

2012年9月27日 (木)

電車で化粧はやめなはれ

ウィークデーには視聴予約を入れて見ている、わが家の朝には欠かせないEテレの「0655」

今月の「おはようソング」は、お節介おばちゃんに扮したブラックマヨネーズが歌う「電車で化粧はやめなはれ」でした。

110927etv1
歌の終盤、バックにずらりとサラリーマン風のダンサーが並んで踊るのですが…
どの人とは言わないけれど、遠目に見ると実家の弟に瓜二つの人がいて!!(゚ロ゚屮)屮
いつの間にこんな仕事を???と、初めて見たときはビックリでした(笑)

鳥取に来てからはすっかり電車と縁遠くなってしまって、整形か?と見紛うほどの若いお嬢さんの変身ぶりを見ることもなくなってしまいました。
歌の効果で、少しは恥じらいを知る女子が増えてくれるといいんでしょうが。

110927etv2
お弁当のおかずを詰める手を一瞬休めて、ラストの「ウーハッ!」を一緒に決めるのが楽しみだった一ヶ月。
早いもので、明日で9月の平日も終わり。1年の四分の三がもう過ぎてしまったなんて、ちょっと信じたくない気分です…

2012年9月23日 (日)

パン屋さんでモーニング

そう度々あることではないのですが、仕事が早く終わった日、夫が翌朝用のパンを買って帰ってくれることがあります。

休日の朝早く、いつの間にかバイクで出かけていて、朝ごはん…とお土産を持ち帰ってくれたり。

どうやら、職場の女子に教えてもらったパン屋さんが、すっかりお気に入りのご様子。
たしかに、サンドイッチ系からバゲットまで、買ってきてくれるパンはどれもハイレベル。一度私も連れていって、という念願が叶って、店内のカフェにモーニングを食べに行ってきました。

110923lien1_2
一番乗りして、貸切状態!ランチタイムはいつも大賑わいだそうです。

110923lien2_2
4種類あるモーニングセットの中から、夫が選んだのはニシソワーズサラダに5種類のパンがついたセット。塩入りオリーブオイルとバターが添えられています。

110923lien3_2
私はフレンチトーストのセットにしました。コクのあるはちみつがついています。セットのフルーツ入りヨーグルトも美味しかった!

休みの日の朝ごはんの味わいは格別、それが人に作ってもらったものなら尚更・・・と、改めて実感(笑)

お支払いをする時気づいたのが、レジの後ろに貼られた「法事パン ご予約承ります」のはり紙。

お彼岸の時期だからでしょうか、そういえば今はスーパーのパン売り場の一角にも「法事パンコーナー」が出来ています。
私は、鳥取にくるまで見たことがなかったものなんですが…

山積みになっているのは、蓮の花などが描かれたモノクロのパッケージのクリームパンやあんパン(中身は、神戸屋などのふつうの菓子パンだと思います)。
どうやらお供え用に使うものらしく、鳥取のご先祖様はパンがお好きなハイカラさん? ちょっとビックリのケンミンショーネタでした。

2012年9月21日 (金)

今週のお弁当

敬老の日の休日、そして夫の仕事の都合で今週のお弁当作りは3日。

110921lunch19月18日のお弁当箱

ポテトサラダ
ミートボール(レトルト)
パプリカとピーマンの塩炒め
玉子焼き

アボカドやキウイ、バナナなど、輸入品しかない品目以外は、基本的に生鮮食品は国産しか買わないことにしているのですが、パプリカって意外に国産を見かけることが少なくて…珍しく高知産の立派なパプリカを見つけて(しかもお買い得だった)迷わず買いました。

110921lunch29月19日のお弁当箱

にんじんとアスパラのきんぴら
かぼちゃコロッケ(冷凍食品)
じゃがいも・いんげん・秋鮭のルクエ蒸し
玉子焼き

最高気温が27度前後になり、朝晩は窓を開けていると肌寒さを感じるようになりました。親戚からおすそ分けしてもらった新米を、サンマや秋鮭で美味しくいただいています。ちなみに、秋の花粉症持ちの私、鳥取でも順調に何かをキャッチして鼻がグスグス…(泣)季節は順調に移り変わっているようです。

110921lunch39月21日のお弁当箱

さつまいもの甘煮
鶏の塩麹漬け焼き
蒸し野菜のマリネ(いんげん・茄子・パプリカ・タマネギ)
玉子焼き

今の仕事、何事もなくサッと帰宅できれば、4時前には家に着くというスケジュールなのですが、何が嬉しいって大相撲中継に間に合うことですヽ(´▽`)/
今場所は、綱取りのかかった日馬富士以下、気迫のこもった好取組が多くて(脳震盪でクラクラ!土俵に押し付けられて肩脱臼!とか、見ているこっちが痛タタ…となるようなすごい勝負も多かった)、毎日家に帰るのが楽しみでした。

解説の北の富士さんが、毎回違う浴衣でおしゃれにキメていたのもステキだったし、幕内下位にキャラの立った若いお相撲さんも増えてきて、今後が楽しみ。いつか、国技館に行って ひよの山グッズを買いたいです(笑)

2012年9月17日 (月)

スパカツバーガー

私が愛するクレイジーケンバンド(CKB)のギタリスト、小野瀬雅生氏(通称のっさん)。

連日更新されているブログは、「世界の涯で天丼を食らうの逆襲」というタイトルから伝わるように、八割方の記事が美味しそうな食べ歩きの記録。
私と、生まれた土地が横浜の同じ区内、ということもあって、懐かしい駅名や店名に時々出会えることも嬉しく、連日チェックしています。

過日、そのブログでのっさんが大いにはまって、再食・再々食・食べ納めのレポートまでしていたのが、モスバーガーの期間限定「スパカツバーガー」。

西日本(の端っこ)の鳥取では、先週から発売開始になったので、満を持して(笑)休日のランチに行ってみました。

110917mos
…モスバーガー、久しぶりだったせいか、かぶりついているうちにペーパーバッグの端から盛大にソースをこぼしました…(涙)

名前のとおり、スパゲティで、カツで、バーガー。
アルデンテとは対極のケチャップ味のスパゲティは、昔むかし、私が通っていた小学校で一、二を争う給食の人気メニューだったナポリタンの食感を思い出させてくれました。

食べるのが生まれつき遅かった私。子ども時代のお弁当や給食の時間には切ない記憶も多々ありますが、あのスパゲティと、砂糖のあげパンが出る日はお昼が楽しみだったなぁ。
(きなこが苦手なので、きなこあげパンの日はテンションが下がっていたものでした…)

一緒に頼んだ冷静コーンスープも、クルトン代わりにキヌアの粒々がのっていて美味しかったです。

でも、同じ麺とパンのコラボなら、やっぱり私はやきそばパンの方が好きかなぁ…

2012年9月16日 (日)

夢売るふたり

Sub1_large

松たか子と阿部サダヲが夫婦で結婚詐欺をする話らしい、という予備知識だけで観に行って、期待通り面白かったです。

二人で築き上げた小料理屋を繁盛させている、働き者で幸せそうな夫婦。
その運命が、線路のポイントが切り替わるように、どんどん「普通ではない人生」へと追い込まれていく展開に、時に感情移入し、時にドン引きしながら(笑)固唾を飲んで見守ってしまいました。

口約束と紙の契約だけで繋がっている他人同士なのに、時にどうしようもなく一つの運命共同体として結びついてしまう。
そんな「夫婦」という関係性の独特さを、監督は描きたかったのでしょうか。
私はそれ以上に、「一見惨めな人が、心の中には気高さを持っている」という、鮮やかな逆転の場面が強く心に残っています。

人を騙す、という行為は相手を見下していなければ出来ないことだし、あの人より私はまだマシ、と思うことが、どん底の自分を支えるのも人間にはよくあること。
でも、見下して憐れんでいたはずの相手が、本当は自分よりずっと強かったとしたら?
そのことに気づかされる時、人はこんなに情けない姿をしているんだな…と、容赦なく見せつけられてゾクゾクしました。

ささやかだけどキラキラした「夢」の数々。その対極にある「現実」の苦さ。
あぁ、これやられたら、言われたら、見てしまったら、キツいなぁ…と、スクリーンの中の他人事ながら、ヒリヒリと自分の心に痛みを感じること度々。
とは言え、すったもんだの末のラストに私は光を感じましたし、一生懸命な登場人物の誰もに肩入れしたくなってしまいました。

歌舞伎の「隈取り」って、人間のこういう表情を表現しようと考えられたのかもしれない…鑑賞中、何度もそう思わされた松たか子の迫力がとにかく凄かった。

人の気持ちほど不思議で怖くて、そして面白いものはない、と、この監督の作品にはいつも唸らされてしまいます。

2012年9月14日 (金)

今週のお弁当

110914lunch1_2 9月5日のお弁当箱

かぼちゃの甘煮
厚揚げ・干し椎茸・青梗菜のオイスターソース炒め
玉子焼き

このところ、前任地の赤福の国へ出張が立て続けに入っている夫。2週間でお弁当作りは4日、という状態でした。
という訳で、厳密にはこれは「先週のお弁当」なのですが、条件反射で写真を撮ってしまったので(笑)一応記録にとどめておきます。

110914lunch2 9月12日のお弁当箱

大学芋
ウィンナーのソテー
アスパラガスの胡麻和え
椎茸のバター焼き
玉子焼き

今週は毎朝、駅前でマナーアップ運動(?)なるものが行われていて、どういうところから集められた人々なのか、のぼり旗をもらった方々が道行く人に挨拶をしていました・・・でも、その「道行く人」が極端に少ないものだから(泣)十数人に次々声をかけられて挨拶を返すこっちの方が、正直大変で…

110914lunch3 9月13日のお弁当箱

かぼちゃの甘煮
豚肉とキノコのしょうが炒め
青梗菜のオイスターソース炒め
玉子焼き

豚の薄切り肉に塩麹と酒・しょうゆ少々、そしてたっぷりのおろししょうがで下味をつけて、エリンギ・しめじ・椎茸と一緒にごま油で炒めてみました。
ふつうのしょうが焼きよりもあっさりした、でもご飯にぴったりの美味しさでした。

110914lunch4 9月14日のお弁当箱

さつまいものレモン煮
かぼちゃコロッケ(冷凍食品)
茄子とピーマンの味噌炒め
玉子焼き

忙しい職場で仕事中はずっと慌しいせいか、家に帰ると疲れて隙あらば寝てしまうせいなのか、一週間が経つのが本当にあっという間。もう9月が折り返し地点に来たなんて!この分では、気がついたらまた雪の季節、ということになりかねないかもヾ(;´Д`A

日中は30度を超える暑さがまだ続いていますが、朝夕の空気は爽やかで、肌寒いほどの涼しさを感じることも。
キッチンでじっくり火を使うことも苦でなくなり、最近、ブランチやおやつによくパンケーキを焼いています。

110914lunch5
一番上のサイズが一回り小さいのはご愛嬌、ってことで(笑)
ハワイで食べて美味しかった「エッグスンシングス」のココナツシロップでいただきまーす!

2012年9月10日 (月)

夏味・秋味

買い物に行くと、この頃スーパーの一画は積み上げられた二十世紀梨の箱で占められています。
岡山から来る旬の果物も、白桃から、濃い紫が美しいピオーネにすっかり役代わりしました。

まだまだ、晴れると気温は一気に真夏日ですが、食卓の上では着実に季節が移り変わっていきますね。

冬の味覚、というイメージが強かった紅ズワイガニも、お隣の境港では先週、漁が解禁になったとニュースで知りました。
こんな時期から、もうカニのシーズンが始まっていたとは知らなかった!

110909kani_2
スーパーの鮮魚コーナーの一角に、早速カニさん達がずらりと並びました!
一方、夏の鳥取の代表的な魚介は岩牡蠣や白イカ。
カニにはまだまだ負けない!とばかり、お刺身で食べられる新鮮なイカ星人たちも、存在感バッチリです。三角頭を見ていると、文楽劇場に行きたくなってくる~

110909ika_2
白イカって一本釣りで揚がる剣先イカのことなんだそうです。ちなみに、お店でいただくお刺身はこんな感じ。(いけすのあるような高級料理店だと、白く透き通ったお刺身がいただけるみたいですが…笑)
110909ika2_2
庶民的なお店で食べても(笑)甘くてとろける食感、最高です。やわらかく煮るのも美味しいし、旬が終わってしまうのが名残惜しい食材の一つです。

名残惜しいといえば、この夏、わが家がリピート買いしていた「夏季限定商品」がこちら。

110909danon
毎朝欠かさず食べるダノンビオ。「フレッシュサマー レモン&ライム」という名のとおり、爽やかで果肉がいっぱいの食べ心地が、食欲減退期の朝に活力を与えてくれました。

これが店頭から姿を消す頃には、残暑も少しは和らいでくれるでしょうか?

2012年9月 7日 (金)

大は小を兼ねる?

旅先の洗顔用に現地調達して、さっぱりした使い心地の良さがすっかり気に入った、ドクターブロナーのマジックソープ

期限切れ間近のポイントを消費しようと、久しぶりに楽天市場で買い物をしました。
「お徳用サイズ」「お買い得」という言葉に惹かれて、深く考えず大きなサイズを選択…

110907
実際に届いたボトル(946ml)の大きさに、ちょっとビックリ∑(゚∇゚|||)
隣に並べたのは今まで使っていたミニサイズ。うっかりドバァー!と出さないためにも、別容器に詰め替えて使うことにしました(笑)
(私は朝の洗顔は豆乳せっけん一筋なので、メイク落としとボディーシャンプーとして使っています)

いつの間にやら、自分が楽天で「ダイヤモンド会員」なるものにランクアップしていたことを知って、どれだけ買ってるんだ!と苦笑いするやら恐ろしくなるやら。

店舗の選択肢が狭い地方住まいでは、ネットショッピングは生活に欠かせない要素です。

良さそう、と思う商品についても、まずは「検索」というのが習慣になっていますが、ネットでよく見かけるお店の名前を、近場で発見して驚くことが度々ありました。
フィットフロップのサンダルを検索すると必ず出てくるこのお店とか、楽天のコーヒー部門でずっと受賞しているこのお店とか。

何しろ活気のない人口最少県ですから、実店舗はいつ通りかかってもひっそりしているのですが(;;;´Д`)こういうところに活路を見出している訳かぁ…と、感心してしまいました。

買う側と同様、売る側にとっても、距離の悪条件を飛び越えるネットの恩恵は計り知れないのですね。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »