2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

* link *


無料ブログはココログ

« 今週のお弁当箱 | トップページ | おむすびころりん »

2012年8月26日 (日)

ダークナイト・ライジング

Batman001

涼みがてら久しぶりに映画でも、と思い立って、バットマンの最新作を鑑賞して来ました。

クリストファー・ノーランの「ダークナイト」三部作としては、これがシリーズ完結編。
公開当初は五輪に夢中な時期で、予告編やCMをはじめほとんど事前情報を入れない状態で観たのが功を奏し、映像にも物語にもハラハラ、ドキドキしっぱなし。
アン・ハサウェイのキャットウーマンはまるで峰不二子で、なかなかのハマり具合だったし、冒頭の畳みかけるアクションシーンから最後のどんでん返しまで、作り手の手玉に取られる快感を味わいました。

スリルを味わうのは好きだけど過剰な残酷描写は苦手、という私には、ノーラン監督の演出はいつも程よく、下品な所に堕ちないのが安心。
好きな監督さんだけに、米国での公開直後に起きた映画館での乱射事件はどれほどの痛恨か、その辛さを思うと胸が痛みます。

前作「ダークナイト」も今作も、平穏な日常が無差別のテロ行為で破壊される場面が出てきますが、学校の中や観光名所で、ある日突然乱射事件が起こる(それも結構な頻度で起こる)国で、こういう映画が作られ、観られることはどういう重さを持つんだろう、と考えてしまいました。

そして、今の日本人なら、この物語のラストの展開は「それでメデタシメデタシには、ならないんじゃ…?」と首を傾げたくなるものだとも思います。

娯楽を追求したアクション・エンタテイメントでありながら、そこかしこに現実の世界が抱える問題が透けて見える、そのほろ苦い味わいもまた「闇の騎士」の最終章にふさわしいかと。

ところでこの映画の出演陣は、監督の前作「インセプション」とかなり被っているのですが、私はゲイリー・オールドマンとトム・ハーディーの共演を観て、過日、ハワイ旅行の機内で夢中になって三回も観てしまった「裏切りのサーカス」を思い出さずにはいられませんでした。

Ttss

東西冷戦時代の英国諜報部を舞台に、秘密裏に進められる二重スパイ捜しを描いた作品。
引退状態からこの任務に担ぎ出される老スパイを演じているのが、ゲイリー・オールドマンです。
分厚い眼鏡をかけてすっかり落ち着いた風情の彼を見ていると、この人も若い頃はブチ切れ役をやらせたらピカ一だったのに…と、感慨深いものが(笑)

主役以下、画面を埋め尽くすおじさん達の背広に染み付いた加齢臭が漂ってくるような映画なのですが、フリオ・イグレシアスの歌声にのって、最後の5分弱で見事に物語が「収まる」その鮮やかさにすっかり参ってしまいました。

「ぼくのエリ 200歳の少女」という、奇妙で綺麗な吸血鬼映画で名を馳せた監督が、独特の美意識で作り上げた映像(出てくるのは8~9割おじさんですけど・笑)が、機内の小さな画面でしか観られなかったのは残念無念。

局面ごとの勝負はついても、やがて哀しきスパイかな…という虚無感が、紗の布地で覆ったように全体のトーンをキメています。スクリーンで観なかった映画が、今のところ今年のベストかも…という珍しいことになっているのでありました。

« 今週のお弁当箱 | トップページ | おむすびころりん »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

裏切りのサーカス、良かったですねgood
1度では名前と内容を把握しきれず(苦笑)、そしてあの雰囲気を味わいたくて
映画館で2度見ましたよbleah
2度目に行ったときにパンフを買う気まんだったのですが、すでに売り切れ(トホホ)
場所によっては、リピート割引があったそうですよ。他の人も1度きりでは見足りない
のでしょうねhappy02
こんなに何度も何度も続けて見たいと思う映画は久しぶりです。
しかし、フリオ・イグレシアス(声が若い!)の歌が仕事中でも頭の中をぐるぐる回って仕方ありません(笑)

私もダークナイト・ライジングを今度の休みに見に行こうと
映画館で見逃したビギンズとビギンズを飛ばして見たダークナイトを
予習・復習がてらDVDで見ましたよ。

>あとむ☆さん

本当に後引く映画でしたね~、原作ファンによればこの邦題は噴飯ものらしいけど…リピーター続出というのも納得です。
観終わった後で、これだけあれこれ語り合いたくなる映画も久しぶり、でした。DVD買っちゃうかも(笑)

バットマン、「ビギンズ」と最新作はリンクするところも多いので、予習は大正解かと。あの映画のケンワタナベには笑ったけど…
マイケル・ケインの執事にはいつも萌えてしまいます\(//∇//)\楽しんできてね。

邦題に噴飯の私が来ましたよ。
映画は最高!二回見ないと細部はわかりませんでしたが。

>どらちゃんさん

非力な仮住まいの図書館にはル・カレ原作の欠片も見つかりませんでした(T . T)
スマイリー三部作、近々読んでみようと思います!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週のお弁当箱 | トップページ | おむすびころりん »