2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

* link *


無料ブログはココログ

« 路地裏のジェラート | トップページ | なでしこ浴衣でがいな祭 »

2012年8月 3日 (金)

今週のお弁当

連日、深夜(明け方?)に及ぶオリンピック観戦&新しい職場への初出勤、と忙しい一週間でしたが、アスリートの真剣勝負に力をもらって、お弁当作りは完走しました。自分で自分を褒めたいと思います(笑)

110803lunch17月30日のお弁当箱

にんじんサラダ
(蒸したにんじんを塩麹&マヨネーズ各少々で和える)
ウィンナーソテー
ズッキーニのおかか炒め
玉子焼き
+ 発芽玄米入りご飯

110803lunch27月31日のお弁当箱

ひじきの煮物
鮭の塩麹漬け焼き
なすのおかか炒め
かぼちゃの甘煮
玉子焼き

+発芽玄米入りご飯

110803lunch38月1日のお弁当箱

玉子焼き
なすと挽き肉の重ね蒸し
(刻んだ玉ねぎとベーコンを加えてこねた合い挽き肉と、薄切りにした茄子をスチームケースに交互に敷き詰め、五分レンジ加熱。下味はクレイジーソルト。挽き肉200gに大きめの茄子一本で、ルクエのレギュラーサイズに丁度いいくらいです)
ラタトゥイユ
+ 発芽玄米入りご飯

110803lunch48月2日のお弁当箱

春巻き
(冷凍食品)
ピーマンのおかか炒め
なすのベーコン炒め
玉子焼き

+ 発芽玄米入りご飯

110803lunch58月3日のお弁当箱

なすと茗荷の煮浸し
かぼちゃコロッケ
(冷凍食品)
ウィンナーとピーマンの炒めもの
玉子焼き

+発芽玄米入りご飯

道着がはだけたら教育的指導じゃないの?とルール改正についていけない柔道、水しぶきを見ているだけでも涼を感じる水泳、あの小さかった愛ちゃんが…と親戚のおばちゃんモードの卓球、鳥取出身のメダリストに早速県民栄誉賞の声もあがる女子アーチェリー…
ロンドンオリンピック前半戦。
隙間の時間にちょこちょこ寝て、ロンドン時間に照準を合わせる毎日で、一番の楽しみは男子体操でした(ドイツのイケメンコンビ、ボイ&ニューエン選手も眼福ですが、とにかく内村くん、だーいすき・笑)。

予選から悪い流れがあって、思わぬミスで苦しい試合展開になった団体決勝。
最終演技のあん馬、内村くんの降り技が大崩れした時、さらには最初の採点で四位という結果が出た時は、テレビの前で見守ってた人は皆、顔がムンクの「叫び」状態になっていたことと思います。
前日の男子柔道で揉めに揉めて判定が覆った記憶も新しく、「ジュリー呼んでよ!」と思ってしまいました(^^;;

悔しかった銀メダルから一転、個人総合では田中(兄)選手も美しい体操を見せてくれたし、内村くんは堂々の金メダル。
でも、あれだけ優勝を確実視されていた選手の口から「夢じゃないかと思う」というコメントが出て来るところに、四年に一度しか巡ってこないチャンスを目指して頂点を極めることの厳しさを感じて、泣けました…
種目別で床しか出場できないのは残念だけど、別次元の捻りを見せつけて有終の美を飾ってほしいです!

Uchi_dai_2 

いつどこで拾った画像か忘れちゃったのですが、お宝ツーショット(≧∇≦)今より幼い印象の内村くんです。

« 路地裏のジェラート | トップページ | なでしこ浴衣でがいな祭 »

お弁当」カテゴリの記事

コメント

 金メダル後のインタビューで、「自分が内村航平であることを証明できた」と彼は言ってました。
 世界体操選手権三連覇と言う前人未到の偉業を成し遂げた彼にしてもやはりオリンピックは特別だったんですね。
 次はリオが待っています。
 昔は「ウルトラC」とか言っていたんですが、今では「F難度」ですから・・。人間の限界ってどこにあるのでしょうか?

オリンピック観戦、お疲れさまです~。
ロンドンで「魔物」と闘っている選手たちに、
せめて「がんばって!」としか言えない自分がふがいないけど、
自分を信じる強さ、家族や仲間との絆を感じ、
「あんな風に生きている人が同じ日本人なんだ」って、誇りに思います。
がんばってる人は美しいです。
感動のあまり、いろいろ泣けてしまって
最近目元にシワが増えたような気がします~。

>まろさん

見る者がまさか!と驚いた団体予選の落下ミス、一番訳がわからなかったのは内村くんご本人だったのかもしれませんね。
直後のインタビューで、周囲への感謝をひたすら伝える姿に、北京の頃からぐっと大人になった内面の成長ぶりを感じました。
アテネ五輪の団体金メダルも大興奮で中継を見ていたので、冨田選手がコーチに、米田選手が解説に…と、違う立場で登場してくれたのも嬉しかったです。
本当に、技の進化ってすごいですよね。未だに平行棒で「モリスエ」の技が生き残っているのは嬉しいです(笑)

>kaoさん

時差は厳しいけど、毎日毎日これでもか!というくらい見所がありますよね。
受信料だけでこんなに楽しませてもらって、感謝です(笑)
競争を前提にしたスポーツは、努力した人が全員必ず笑えるわけではないけれど、その残酷さがある分、生まれるドラマの濃密さは半端ないですよね。
一生懸命は、美しい!
私も事ある毎に目頭を熱くしているので、涙腺だけは金メダル級に鍛えられている気がします(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 路地裏のジェラート | トップページ | なでしこ浴衣でがいな祭 »