2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

* link *


無料ブログはココログ

« 今週のお弁当 | トップページ | 神戸そぞろ歩き »

2012年6月23日 (土)

千年の戀

110622jusqua4 

「鳥取でジュスカのLIVEがありますよ」とkaoさんから情報をいただいて、鳥取駅近くの「cafe SOURCE」へ出かけてきました。

kaoさんにご紹介いただいて以来、京都や三重で度々ステージを拝見している、ジュスカ・グランペール
ギターとバイオリンの二人組で、情感たっぷりの美しいアコースティックサウンドと、はんなり京都弁のMCに毎回心癒されています。

金曜日の鳥取はまるっきり夏の陽射し!
JRの車窓から、田植えを終えた田園風景と大山がきれいに見えました。ブルーとグリーンのコントラストが見事。

110622jusqua1
開場まで少し時間があったので、今度鳥取駅に降り立つことがあったら言ってみよう、と心に決めていたお店へ。

110622jusqua2
商店街の中のたい焼き屋さん、「らっぱや」です。
歩いていると暑くなってきて、本当はたい焼きよりかき氷の方がほしい気分でしたが、あえて初志貫徹!

110622jusqua3_3
写真撮影の許可をいただいて、店内の小さなカウンター席で熱いところをいただきました。
小ぶりで、皮の食感がもっちりしていて、多少食欲がなくてもペロリと美味しくいただける上品なお味♪やっぱり来てよかった。
お皿の背景に映りこんでいるのは、カウンターに置いてあったゴジラのフィギュアです(やや謎…)

仕事を終えて、車で遠路駆けつけてきた夫も無事に合流し、ディナータイムの後にいよいよ開演。

春にリリースされたアルバム「千年の戀 (ちとせのこい)」の収録曲を中心に、二時間たっぷりの熱演を楽しませてもらいました。

フィギュアスケートが大好きな私は、エモーショナルでかっこいい音楽を耳にすると
(あぁ、この曲で○○選手が滑ったら似合いそう…あの振付師さんでこの選手にも合うかも…)
と妄想を広げてしまうことがあるのですが(笑)

タンゴの有名曲を演奏した後のMCで、ギターの高井さんが
「(リズムに緩急があるのは)アイススケートで滑ってもらったら、ここでジャンプ!とかここはゆったり!とか、そういうイメージを思いながらやっているんです。誰か、スケートのコーチのお知り合いいませんか?」
と、場内の笑いを取りながらお話されたので、ビックリ!

本当に、ジュスカのナンバーはどれもメロディがきれいだし、しっとりした曲でもロマンティックな華やかさがあって…
フィギュアにピッタリだと思うのですが、誰か採用してくれないかなぁ。

その他、バイオリンのひろせさんが今、お使いになっている楽器が「ベートーヴェンが3歳の時に作られた」という、大変貴重なものだというお話は驚きでした。
バイオリンの生まれ故郷はウィーン。入手後、オーストリア国歌を弾いてみたら、感動して涙が出るほどのいい音を響かせてくれたのだとか…
元はオーストリア=ハンガリー帝国の国歌だったもので、今はドイツ国歌も同じメロディが採用されていますね(サッカーの欧州選手権でこの頃よく耳にします。ドイツの柴田恭兵、と異名を取る監督さんがステキ・笑)。
実際に、ソロで演奏してくださった国歌の音色は伸びやかで、本当に美しかったです。

電車で米子へ帰るとなると、アンコールはあきらめないと終電に遅れるなぁ…と悩んでいたところ、この日は夫が帰路の運転手をかって出てくれたため、終演後のサイン会まで堪能できました。
ジュスカのLIVEは初参加だった夫も、大いに楽しんでくれたようで、こちらも一安心。
会場で購入した新譜をBGMに、しみじみと余韻に浸りつつ、夜道をドライヴして帰りました。

« 今週のお弁当 | トップページ | 神戸そぞろ歩き »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

鯛焼き付きアートなお時間、いいですねえ。
こういうひとときを仲の良いパートナーと一緒に過ごしているときって、しみじみ幸せが感じられると思います。
我が家の場合は寄席が多いですが(笑)。

ご夫婦でジュスカ・ライブに行ってくださって、ありがとうございます。
鳥取でのジュスカはどんな感じなのかな~。
ご主人もこれで、ジュスカ・ファンになってくださったかしら?

>1go1exさん

ひとりの時間もふたりの時間も、同じくらいの比重でお互い楽しめるっていいものですよね。
わが家も、1go1exさんご夫婦のように、歳月を重ねてもずっと仲良く過ごせたら・・・と思います。
寄席、気がつけば長いことご無沙汰してます(涙)あのこじんまりした空間で聴く、さらりとした高座が懐かしいです。

>kaoさん

LIVE情報を教えていただいたおかげで、夫もようやくジュスカデビューを果たせました(笑)
今回のツアー、小芝居はあるわ歌も歌っちゃうわ、なかなか気合いが感じられましたよ。
夫のツボは、高井さんがクレイジーケンバンドのギタリスト(小野瀬さん、通称のっさん)にちょっと似ているところでして、わが家では今後、高井さんのことは「ジュスカののっさん」と呼ぶことになりそうです…

おっ、とうとう鳥取でのライブに行かれたのですね。
あの小芝居、笑っちゃいましたよね。なにモンティーヌだったかな。
ジュスカはいつの間にそんな芸風にw(゚o゚)w?と思ってしまいましたがhappy01
またそれも魅力???

>あとむちゃん

小芝居もそうだけど、私は唄うジュスカが新鮮だったわー(^^;;
着実にエンターテイナーとしての幅を広げていると思われます。
今度は、鳥取県のわが家に近い方に来てくれたら嬉しいな(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週のお弁当 | トップページ | 神戸そぞろ歩き »