2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

* link *


無料ブログはココログ

« 記録を目撃した日 | トップページ | 憧れのハワイ航路 »

2012年5月28日 (月)

ファミリー・ツリー

Familytree

「ハワイに住んでいる自分を人は羨ましがるけれど、この島に不幸が存在しないとでも?」

ジョージ・クルーニー演じる主人公の、そんな独白で幕を開ける物語。
派手な仕掛けも、爆笑も号泣もないけれど、心に深く沁みてくる、本当に良い映画でした。

事故で昏睡状態に陥り、回復が見込めない妻。何を考えているのか、どう接すればよいか、皆目わからない2人の娘。
そんな厳しい家庭の状況に加えて、先祖伝来の広大な土地の売却問題が、相続権を持つ自分の意思に委ねられている…

気の休まらない、ハードな事態に直面して苦闘している主人公。
平穏な日々には見ないふりをしていた、家族はバラバラで機能不全だという事実を、残酷に突きつけられています。

彼が思いもよらない妻の秘密を知るあたりから「家族は一番身近で嘘つきな他者」という、向田邦子的悲喜劇が繰り広げられるのですが・・・
ハワイアンミュージックと島々の美しい風景が、過剰な湿っぽさを排除していて、重い題材ですが暗くはないのです。

混乱の極みでジタバタした挙句、最後は帰るべき処へ帰り、静かにすべてを受け入れていく主人公と娘たち。
人が誰でも心の芯に持っている、その強さに心打たれました。

「アバウト・シュミット」に「サイドウェイ」と、「トホホなおっさん」の物語を味わい深く語らせたら天下一品!の、アレクサンダー・ペイン監督。
これまで多くの出演作を見ているはずの私でも、なぜか、スーツとタキシードと病院のユニフォーム姿の印象しか浮かばないクルーニーが、アロハに短パン、サンダルで、ありえないくらいみっともない駆け足を披露しています。最高でした(笑)

ダメ親父の苦境が見事に表現されていて、そのトホホ加減が愛おしく見えるのも、この監督の過去の作品に共通する点かと思います。
すべての登場人物が絶妙に配置されて名場面の連続になる、その巧さを今作でも堪能しました。

鑑賞中は時折クスクス笑って、じんわりと涙を浮かべて…
ラストシーンでは「コタツを囲んでミカンを食べつつ皆でテレビ鑑賞」という日本のお正月スタイルを思い出しました(もちろん、コタツもミカンも登場しませんが、映画をご覧になった方なら分かっていただけると…)。

向かい合って気持ちをぶつけ合わないといけない局面もあるけれど、空気のように自然に、同じ方を向いて一緒に居られるくらいが一番いい。
友達とも恋人ともちょっと違う、そんな家族ならではの空気感を表現した素敵なエンディングが、ずっと心に残っています。

それにしても、エリートでも貧乏人でも、服装が似たり寄ったりで一見区別がつかないハワイって面白い(笑)
それをこの目で確かめる訳ではないですが、少しの間オアフ島とハワイ島へ旅して来ます。ブログの更新はしばらくお休みですが、また旅先で出逢った光景についてご報告できれば…と思っています。

« 記録を目撃した日 | トップページ | 憧れのハワイ航路 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ハワイはアロハが正装らしいですからね。
南の島はラフなのが基本なのでしょう

この映画、予告でジョージが走っているところを見て本編が
観たくなりました

メル・ギブソンがうつの男性役という映画が公開されるようだし
かつての「イケメン」が情けない人物を演じるご時勢なんで
しょうか

旅行記も楽しみにしています♪

こんにちわ!私はフラをしているのでこの映画を心待ちにして
見に行きました。流れてくる曲はほとんど踊れる曲でしたので
体がムズムズ動きだしそうでしたよ!coldsweats01
家族の絆を取り戻していく内容で、しみじみとした良い映画でした。

そしてハワイに行かれるのですか?
いいな~いいな~heart04  ハワイ島にも行かれるということでキラウエアに
行かれましたらペレ様によろしくお伝えください。

>琴さん

無事に帰国いたしました。映画に登場した美しい自然と、人々のアロハスタイルを実体験して(笑)もう一度見直したくなりました。
美男美女のスター俳優も、うまく役柄を広げて役者人生を全うしていくには色々な試行錯誤が要るんでしょうね。
わりと当たりハズレの振れ幅が大きいジョージですが、この作品は私には大当たりでした( ´ ▽ ` )ノ

>miluさん

コメントありがとうございました。残念ながらキラウエアまでは足を伸ばせなかったのですけど、マウナケア山へは登ることができましたよ。
ハワイ島は本当に、女神ペレの火の力を実感できる 光景が広がっていて感動的でした。
この映画、本当に音楽も素敵でしたよね。踊れる曲ばかりなんてうらやましいです。ハワイアンミュージック、ちょっとハマりそうです。

実は私もSRさんから約一ヶ月遅れで、初めてのハワイ島へ参ります。
これまではオアフonlyだったので、今回はハワイonlyの予定です。
ジョージ・クルーニの”ありえないくらいみっともない駆け足”を私も見たいのですが、出張も多くて、土日も歯医者通い、マンションの消防点検、たこ焼きパーティ(自分の部屋を掃除するために企画したもの)などが続いておりなかなか時間が取れません。でも、行く前に見ておきたいな~と思っております。
そのうち、旅の話で盛り上がりましょう!!

>NCさん

わー、ハワイ島行きの計画があったとはすごい偶然!o(^▽^)o
ワイキキの賑やかさとはうって変わって、雄大過ぎて地球上とは思えないスケールの大自然に感動しました。
映画の主な舞台はオアフですが、ハワイ島もチラリと登場します。お時間があればぜひ、ご覧になってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 記録を目撃した日 | トップページ | 憧れのハワイ航路 »