2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

* link *


無料ブログはココログ

« 大島紬でおしゃべりランチ | トップページ | 今週のお弁当 »

2012年5月10日 (木)

テルマエ・ロマエ

110510movie_2 

原作が実写で映画化されると聞いて「ハアァ?」と耳を疑い、次に主人公のルシウスを阿部寛が演じると知って「あぁ…(^^;;」と納得してしまった。…そういう人は、きっと私だけではないはず…(笑)

古代ローマで浴場の設計に携わっていた技師が、なぜか時空を飛び越え、帝国の共同浴場から現代の日本の銭湯へワープしてくる。
こうして書いていてもしみじみ荒唐無稽なお話ですが、原作はとにかくこの設定を着想した作者の勝利!
そして映画の方は、行く先々で
「外人さんじゃ、外人さんじゃ」
と言われてもなぜか違和感のない阿部ちゃんルシウスがハマりにハマって、もう本当にお見事!でした。

映画の作りは、チープなおフザケと妙にゴージャスなセット撮影が混在し、原作からの改変も含め、
(シンプルに料理するだけで美味しい素材を、何か間違えちゃったのでは…?)
という気も、しないではなかったですが。

そういう不満も、終盤、ローマ帝国の大群衆の中に佇んでしっくり馴染む阿部ちゃん&顔の濃い俳優陣を見ていると、なぜか許せてしまう不思議(笑)

そして、「平たい顔族」とルシウスに名付けられる、現代日本のおじいちゃん達が本当に秀逸!
これもまた、キャスティングの勝利ですね…
よくもまあ、あれだけ味があってチャーミングな顔を揃えたものだと、感動すら覚えました。

疲れていても心配事があっても、お風呂の中にドボンと浸かった瞬間は、頭の中が真空になったような心地良さにすべてを忘れます。
原作者も常々コメントしておられますが、私もバスタブ無しの暮らしはちょっとしんどいかも。
映画を締めくくる、そんなオフロスキーな人々の至福の表情。こちらも湯上りのようなリラックスした気分で、晴ればれと映画館を後にしました。
そして、すぐにも温泉に行きたくなりました…そういう観客を見越してか、こんな関連本が出ています。

…それにしても、日本人の顔の濃淡って本当に幅広いのね…と思ったら、どうしても思い出さずにいられなかったツーショット。
Daisuke_yuzuru

しょうゆ顔・ソース顔(死語)、それぞれ男前です!

« 大島紬でおしゃべりランチ | トップページ | 今週のお弁当 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

偶然~!
昨日私も観に行ったの!面白かった~^^
私は原作に対するなんの予備知識もなかったので、単純に映画の世界に笑わせてもらいました。
私も記事にしたので見てね!サリィちゃんの記事、勝手にリンク貼っちゃったよ、ごめんね!

やっとこういう時間も取れるようになってきました。
サリィちゃん見習ってアクティブになるわ!

サリィさんもご覧になったんですね~♪

阿部ちゃんはじめ顔の濃い役者たちもさることながら、
あのおじいさんたちあっての、この映画という気がしました。
神戸さんの胸毛が意外と濃くてちょっとビックリ…☆

>R&Mさん

わーお、こんな偶然なんだか嬉しくなっちゃうねー。
原作も、最新刊の4巻あたりまでくると(これ、どういう結末に持っていくんだろう)とちょっと心配になってくるけど(笑)とっても面白いので、機会があったら読んでみて。イタリアに造詣の深いR&Mちゃんなら、より楽しめるかも。
北村一輝演じるケイオニウスも、マンガだともっとお茶目でかわいげのあるキャラクターなのよ(笑)
これからは自由になる時間がどんどん増えていくよね、楽しみをいっぱい見つけましょう♪

>琴さん

神戸さんの胸毛・・・たしかに(笑)

「アーティスト」を観たときにガラガラの客席に驚いたのとは逆で、片田舎のシネコンがこんな大勢のお客さんで賑わうなんて!とビックリしました。
肩の力を抜いて笑えるバカバカしさが、今の世の中こんなにも求められているんですねぇ。

私も見てきましたよ~。
サリィさん、阿部ちゃん演じるルシウスがお風呂屋さんで飲む
フルーツ牛乳を見てもらえましたか(笑)?
あの牛乳瓶が後々何度か映るとは思ってもみなかったですが。

>あとむ☆ちゃん

見た見た!あれが噂の山村乳業のフルーツ牛乳ですね!
しっかりチェックしましたよ。三重では大内山牛乳命!で、ほとんど飲んだことなかったけど…
コーヒー牛乳派の私もフルーツ牛乳が飲みたくなりました(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大島紬でおしゃべりランチ | トップページ | 今週のお弁当 »