2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

* link *


無料ブログはココログ

« 大阪ディープツアー | トップページ | テルマエ・ロマエ »

2012年4月29日 (日)

大島紬でおしゃべりランチ

葉山のmiyukiさんとは、2010年の秋に参加したイベントで同席したのがご縁の始まりでした。

以来、お互いのブログを読んだり、twitterでやりとりしたり。物理的な距離を越えたお付き合いをさせていただいてます。いやぁ、インターネットって、本当にいいものですね。

実は、昨年末に鎌倉方面でキモオデをご一緒する企画があったのですが、直前に夫に異動の辞令が出て、予定が吹っ飛んでしまいました(号泣)。

大阪でのイベントを終えて、横浜の実家に一泊し、その後、夫の実家で連休を過ごす前のピンポイントの空き時間。バタバタの私の都合に合わせていただいて、やっと念願のデートが実現しました。

110429miyuki3
強い日差しに汗ばむような上天気となったこの日。
「長居させてくれそうなところ」という条件で(笑)ランチのお店に選んだのは、崎陽軒本店の「イル・サッジオ」。
お料理もサーヴィスも大満足、本当に居心地が良すぎて…
自分の中では「2時間くらい経ったかな?」という感覚だったのが、時計を見たらその倍以上の時間を怒涛のおしゃべりで費やしていたという∑(゚∇゚|||)

でも、本当に時間を忘れる、濃密な会話を楽しみました。
大人になってからのお友達作りの醍醐味は、相手が重ねてこられた経験の奥深さ、幅広さに大いに刺激を受けること。
あれだけたくさんのことをお話したのに、後になって「あ、このことも聞こうと思っていたのに、話そうと思っていたのに…」と、心残りが次々出てきたくらいでした。

会いたい人に会う、会えるときに会う。仲の良い大切な人たちと遠く離れてきた私には、そのことの大切さが身にしみています。
前日に続き、たくさん顔の筋肉を動かし、大いに笑って、充電フルパワーという感じでした。たくさんのステキなお土産もいただいて、お心遣いが本当にうれしかったです。ありがとうございました。

あまりにテンションが上って、なんと最後に水のグラスをひっくり返すという大失態を演じた私つД`)
お店には重ね重ね迷惑なお客で、もう本当にゴメンナサーイと赤面。miyukiさんのステキな塩沢紬に被害がなくてよかった…
反射神経も鈍っているので、本当に食事時の立ち居振る舞いには気をつけないといけない、と反省です。

この日のmiyukiさんは、気温が上った日にぴったりの、目にも涼しいコーディネートで眼福でした。おしゃべりの最中もついつい、目線を落として帯回りの組み合わせに見惚れてしまいました。

美しい着こなしを普段の暮しのおしゃれに取り入れて、日々実践されてきたmiyukiさん。
この度、葉山で「葉ごろも着付教室」をオープンされました。ご興味のある方はぜひリンク先をご覧くださいね。
miyuki先生のすっきりした着姿のファンとして、私も教室の発展を心から願っています♪

110429miyuki1 110429miyuki2 この日のキモオデ、自分のコーディネートは前夜、母に実家の箪笥を開けてもらい、急遽引っ張り出した大島と織の袋帯でした。いずれも大伯母のおさがりです。長襦袢や帯揚げは前日からの流用。

袷の組み合わせでもそんなに汗だくにならなかったのは、大島のサラッとした着心地ゆえ、でしょうか。
袋帯も若干、シミが出たりしていたものの、薄くて軽くて本当に結びやすかったです。
実家の箪笥の中身は、祖母の遺品と、その姉の大伯母の遺品です。
私が着付を学び始めた動機は、祖母の着物に袖を通したいと思ったことだったのですが、実際は全然、身体の寸法が合わず(泣)背が高くふくよかだった大伯母が遺したものだと、腕長族の私に何とか合うのです。
子どものいなかった大伯母の形見分けの際、母のところにもかなりのいただきものがあり、私、大伯母のサイズに合わせて長襦袢を1枚作って今に至ります(笑)
この世ではもう会えない人とつながれるのも、着物のよろこびの一つです。多趣味でおしゃれだった大伯母を思い出しながら、この日もありがたく袖を通しました。

« 大阪ディープツアー | トップページ | テルマエ・ロマエ »

着物・和装」カテゴリの記事

コメント

GWのお疲れはでていませんか?この間はお会いできて本当に嬉しかったです。

今思えば、思い切って大阪のイベントに行ったこと、そしてあの時90名を超える
参加者の中で同じテーブルになったこと、もっと遡れば「着物」を始めてよかった
と思えるサリィさんとのご縁です。おこがましいのを承知で言わせていただくと、
まさに「大人」になってからの醍醐味のおつきあいかもしれません。
「話が弾む」ってあんな感じですね。会うのはたったの2回目なのに、
構えず、飾らず、気さくに話せて本当に楽しい時間でした。
教室の紹介をしてくださってありがとうございます。あの後すぐにお申し込みを
いただいたこともあって、サリィさんは「運」も運んできてくれた!とひそかに
思っています。今度は是非葉山でお会いしましょうね!

>miyukiさん

弾む会話と美味しいお料理で充電させてもらったおかげで、無事に連休を終えました。
本当に楽しかったですね!
無事に初レッスンも終えられたとのこと、お疲れ様でした。ステキな生徒さんとの広がりがどんどんつながっていくのが楽しみですね。
葉山での次の機会、今からワクワクです。ぜひぜひよろしくお願いいたします。

さすが、さりいさん。どこに行っても楽しいお友達が沢山できて良かったですね。
ひょんなご縁からの発展・・・ってことって、ありますよね!!
それにしてもお二人ともきちんとした着こなしで、素敵です。
葉山通いをしている私ですが、なかなか自由に取れる時間がなく着付け教室は難しそうですが、今度サリイさんが横浜に来られた折に、またお会いする機会があれば、私もおじゃま虫したい感じです。
(ぶっちぎりの4時間トークについていかるかどうか不安ですが・・・)

>NCさん

驚異の人脈形成術を誇るNC姐さんにそう言っていただけると、嬉しいです!
着付けを褒めていただいて、ありがとうございます。
またいつか、一緒に浴衣着てサンバカーニバル見に行きたい~(笑)
そして湘南方面でのおしゃべり会も、いつの日か実現させたいです!絶対楽しい組み合わせになる予感がします(*^^*)

大島紬に白い帯、すっきりしてすがすがしい着姿ですね。
私も母の着物のほか、遠縁の伯母や、友人、お茶の社中の先輩など、いろんな方から着物や帯やコートを譲ってもらっています。
新しいものでも、仕立てられてから30年くらいはたっています。
それが何の問題もなく着られるというのは、すごいことだと思います。
今の時代の要請(ものを大事にして、長く使う)にもばっちり合っていますものね。

>1go1exさん

お褒めのコメントありがとうございます。大島紬は、実は今まで自分で「着たい」という気がまったくおきなかったのですが、箪笥から現れたこの一枚は大いに気に入りました。
時間も流行りすたりも越えて、良いものはいつまでも魅力的、というのは素晴らしいことですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪ディープツアー | トップページ | テルマエ・ロマエ »