2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

* link *


無料ブログはココログ

« 海神別荘 | トップページ | 柳家三三で北村薫。 »

2012年3月 9日 (金)

今週のお弁当

今週の夫は大残業ウィークでした。
どんなに仕事で遅くなっても、夕食は職場では食べない主義(その代わり、お菓子のつまみ食いはすごいみたいですが・汗)なので、「お弁当はガッツリ、夕食はあっさり」を連日心がけたつもり。

110309lunch1 3月5日のお弁当箱

長芋とベーコンの青海苔炒め
椎茸のグリル
豚のしょうが焼き
玉子焼き

大好きな、肉厚の生椎茸がスーパーに出回っていましたヽ(´▽`)/
傘の裏側に塩こしょうし、少しオリーブオイルをたらして、じっくりグリルで焼くと最高!私だけは出来たてアツアツをいただきましたヾ(´ε`*)ゝ

110309lunch2_2 3月6日のお弁当箱

ほうれん草の胡麻和え
椎茸とにんじんのオイスターソース炒め
鯖の味噌煮
玉子焼き

前夜、なでしこジャパンvsアメリカ戦を観戦して夜更かししましたが、勝利の余韻に元気良く起きられました。
(でも鯖の味噌煮は、以前まとめて作って冷凍しておいたものですが…自家製冷凍おかずは身を助ける!)

110309lunch3 3月7日のお弁当箱

蒸しブロッコリー
枝豆とれんこんのつまみ揚げ
高野豆腐とにんじん・椎茸の炊き合わせ
玉子焼き

枝豆とれんこんのつまみ揚げは冷凍食品です。
急に気温が春めいてきて、最高気温が10℃を超えたら周囲は一斉に春の装い…ダッフルコートにムートンブーツの私、ショッピングセンターで完全に浮いてました(苦笑)

110309lunch4 3月8日のお弁当箱

肉じゃが
ブロッコリーのおかか和え
塩鮭の焼きほぐし
玉子焼き

この日の午後、いとこから携帯に着信。出てみたら、電話の相手はいとこではなく、彼女の甥っ子くん。時々遊んでいた私を覚えていてくれて、なんと彼女のスマホを自分でいじって電話をしてくれたそうです。イマドキの3歳児ってすごい!私、42歳でもタッチパネルうまく扱えないのに…

110309lunch5_2 3月9日のお弁当箱

玉子焼き
根菜入りマヨバーグ
豚肉としめじ・ブロッコリーのオイスターソース炒め
二色プチトマトのソテー

今週の特命業務は無事終わったようで、夫から6時過ぎに「今から帰る」と電話がありました。
思わず「えっ?そんなに早く?」と口走ってしまって、ごめんなさい…まだご飯の支度を始めてもいなかったil||li _| ̄|○ il||li

110309book 書店でこちらの本を買ってきました。
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」の代表、西條剛央さんが活動について記した「人を助けるすんごい仕組み」。
本の印税全額と、出版元の売り上げの一部が復興支援活動に寄付されます。

震災関連の書籍を集めたコーナーで、この本の隣に「震災であった本当に泣ける話」とかいうタイトルの本が並んでいて、何ともいえないイヤな気分になりました…あの日を境に起こった数え切れない悲劇を、安っぽい感動の材料に貶めていいはずはないのに。

何ひとつ失わず、あの日、地震の揺れさえ感じなかった私に、「節目」という言葉を使う資格はありません。
信じ難い情景を目にして、恐怖と無常感に打ちのめされそうな中、出来ることを探して行動することで、結局のところは自分を励ましていた気がします。
どんなに小さな支援でも、やらないよりはマシと信じて、細々とでもつなげて、忘れないこと…それだけです。

« 海神別荘 | トップページ | 柳家三三で北村薫。 »

お弁当」カテゴリの記事

コメント

 もうすぐ一年です。募金を集めるくらいであとは何もできていませんが、できることだけでも続けたいと思っています。
 本のご紹介ありがとうございます。
 米子には、「今井書店」という本屋関係筋では結構有名な書店があります。
 「本の学校」という施設を運営しています。
 今は途切れているのですが、全国から書店関係者、出版社、教育現場で「朝の読書」に取り組んでいる人たち、本好き・・を集めて夏の大山でシンポジウムを開き、その記録を出し続けていました。
 山陰の小さな町の大きな書店だと活字中毒の私は思っています。山陰関係、米子関係の地方出版書も取り扱っています。米子弁の本もあると思います。また、「米子弁」で検索していただくと、面白いサイトに出逢えると思います。

>まろさん

「今井書店」さん、ハイ、大変お世話になっています!
…といっても、店内に併設されたカフェで休憩したり、雑貨を扱うスペースに行ってばかりで、滅多に書籍の売り上げには貢献しないのですが(蔵書を増やすスペースがほとんどないので…汗)

「本の学校」、転勤が決まった直後に下見で訪れた際、夫の職場の方から「ここはなかなか面白いところです」とご紹介いただきました。地元の方からも、誇らしく思われている施設なんでしょうね。
今は、古事記編纂1300年ということで、関連図書の大きなコーナーが出来ています。地方出版書のコーナーも今度じっくり見てみますね。そして米子弁研究も!ご紹介、ありがとうございました。

今年の3.11も日本にいないのだ。
今回はインド。
最近、海外出張行くとその間にいろいろと事件が起きるので鬱。

>ドラチャンさん

1年前は中国出張だったのですよね。
あの日はたくさんの友達が帰宅困難者となっていましたけど、ドラチャンさんが一番、私の知人の中で家への距離が遠かったかも…
無事であることのありがたさを大切にしたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 海神別荘 | トップページ | 柳家三三で北村薫。 »