2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

* link *


無料ブログはココログ

« さようならホイットニー | トップページ | 今週のお弁当 »

2012年2月15日 (水)

酒粕ぽっかぽか

最近、テレビで発酵食品について取り上げられるのをひっきりなしに目にする気がします。

先日は、同じ日のテレビ欄に「塩麹」の文字が点在していたし、今週は「あさイチ」でも「はなまるマーケット」でも「きょうの料理」でも酒粕を使ったレシピを紹介していました。

年末年始から引越し前後まで、食生活が悲惨だったせいか吹き出物がボツボツ出来てしまい、体内からリセットする必要を感じている私には、見逃せないブームです。気になるから一層、目に入りやすいのかも。

「水木しげるロード」で有名な境港にある「千代むすび酒造」さんで、先日、これまで買ったことのない酒粕を衝動買いしてしまいました。

110215kasu2
カチカチの「板粕」ではなく、お味噌のような柔らかい質感で、これなら使いやすそう…と思いました。
ふたり暮らしだと、調味料に限らず食材をムダにしないで(しかも飽きないで)食べきるのは時に大変だったりしますが、アルコール成分のおかげで長期保存が出来るのも嬉しいポイントです。

魚の粕漬やわさび漬けなどが苦手な夫(日本酒は大好きなのに!)は、これを料理に使う、と言う私にちょっと複雑な顔をしていましたが、身体の中からぽかぽかと温まる粕汁は好評。
カレーの隠し味にも使ってみたところ、一晩置いてもお鍋の残りが全然固まっていませんでした。
脂肪に作用するというのはこういうことか?ますます食べなきゃ…と思ったりして(笑)

110215kasu1
わが家の汁椀は、お茶碗の1.5倍ある大ぶりのものです。
根菜とこんにゃくをたっぷり入れて、味噌仕立てにした粕汁。一人のお昼はこれと菜めしで十分(v^ー゜)
まだしばらくは冷え込む季節、レシピの幅を広げていきたいです。

ところで、様々な酒粕活用法が紹介されている中、ある造り酒屋の奥さんは、ガーゼに入れた酒粕をお風呂に入れて入浴されている…というレポートが。温まるしお肌もすべすべだそうです。

こういう手もあるか、と感心しつつも、柔らかくなった酒粕をガーゼから搾り出してお顔をパックされている様子に

「じ、自分の粕漬け…?(lll゚Д゚)」

と一瞬、思ってしまいました(食べちゃいたいくらいの美肌効果に期待?)。

ちなみに「千代むすび酒造」さんからはこんなお酒も出ています。さすがです(笑)

« さようならホイットニー | トップページ | 今週のお弁当 »

料理」カテゴリの記事

コメント

酒粕でも酔っ払うでしょ?

>dorachanさん

料理に使って加熱すると、アルコール分が飛ぶみたいで、温まるけど酔っぱらうというほどではないですよ!
でもお風呂に入れたら、どうなんでしょうね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さようならホイットニー | トップページ | 今週のお弁当 »