2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

* link *


無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月29日 (日)

天守物語

110129tomihime

以前のブログで書いたショッピングモールには、シネコンも入っています。
これが松竹系のMOVIXだったおかげで、シネマ歌舞伎の新作「天守物語」が鑑賞できると知り、大喜びで出かけてきました。

(以前は県内での上映がなく、どうしても観たい作品は京都や名古屋まで遠征して観たことを思えば…夢のようです!)

三十年余、心からお慕い申し上げる坂東玉三郎サマの、兼ねてより思い入れの強い鏡花作品。
舞台本編が始まる前に、スーツ姿の玉三郎サマが作品について語る場面が加えられています。

細やかに丁寧に、演じる側、観る側の押さえどころを解説。
最後の最後で、あぁもうじれったい、理屈抜きに感じてくれたらそれでいい…と言わんばかりに
「まぁ、鏡花パビリオンに来たと思って!」
と、ちょっとおきゃんに言い放つのが何とも、キュートでいらっしゃいます(゚▽゚*)♪

播州・白鷺城の天守閣。
その最上階には異界の者たちが住み着いて、文字通り城内の人間たちを「上から目線」で翻弄している…
という物語の設定は、どこか人間離れした(褒め言葉です)玉三郎サマの美しさによって、現実味を帯びて目の前に広がります。

異界の姫と恋に落ちる鷹匠役に、市川海老蔵。
大きなスクリーンは、否応なく還暦を過ぎた玉三郎サマの皺もたるみも映し出すけれど、それでもこの二人が並ぶ姿は眼福。

玉三郎サマの務める鏡花作品を観る度に、私はいつも、本来なら人間と相容れない存在の異界の人々に、魅せられ、肩入れしてしまいます。

この舞台の終盤、天守に踏み込んできた人間に滅ぼされる一歩手前で、主人公達に投げかけられる

「美しいひとたち、泣くな」

という言葉は、そのまま自分の心情に重なって、毎度心を揺り動かされるのです。

“シネマ”ならではの編集や音響のエフェクトも加わり、鏡花が戯曲に結実させた幻想が、スクリーンにしっかり再現されているのを堪能しました。
「海神別荘」「高野聖」と続く上映が楽しみです。

…ところで、話は変わって。
今の住まいはマンションの最上階。防音がしっかりしていて静かなのですが、ごく稀に、ガタガタと大きな物音が響いてくることがあります。
なぜか、天井の上から(lll゚Д゚)。

実は、このマンションにも目には見えない天守があって、異界の美しい人たちが住み着いていたりして。(何しろ妖怪の本場?でもありますし・笑)。

どうせなら、玉三郎サマ演じる富姫みたいにきれいな物の怪との同居がいいなぁ…(鬼太郎父子だったら正直、ちょっとイヤ(´・ω・`)…)

2012年1月27日 (金)

今週のお弁当

今週、夫のお弁当を作ったのは二日。(本当は三日分必要だったのですが、お米を切らしてしまって一回お休みヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ)

110127lunch1_2

1月25日のお弁当箱

大根葉とちりめんじゃこの佃煮
焼きプチトマト
鶏のから揚げ(既製品)
ピーマンの焼きびたし
玉子焼き

*から揚げはデパートの物産展で購入

110127lunch2

1月26日のお弁当箱

大根葉とじゃこの佃煮
豚のしょうが焼き
ピーマン・にんじん・えのきのキンピラ
玉子焼き


*BSで「かもめ食堂」を見てしょうが焼きが食べたくなりました

<番外特別編>

今日の私のランチ。届いたばかりのずんだあん入り琴ロールです♪
夫の帰りを待たず、好きなだけ切って先にお味見。お昼は他に何も要らないっ(笑)

110127lunch3

とっておきの紅茶を特別な時のカップに淹れて、
しっとりフワフワ、堪能しました。

琴さん、本当に美味しかったですーヽ(´▽`)/!

2012年1月26日 (木)

整理整頓

全国的に今年一番の寒さを記録しているようですが、皆さま体調はお変わりないですか?

冬型の気圧配置に伴い、今週の鳥取の天気予報はずっと雪マーク。
地元の予報の次に、山陰の予報をチェックしてくれている…という、お友達からの便りがありがたいですm(_ _)m

それにしてもまぁ、降りなさる、降りなさる。
ただ、横なぐりの雪が降り続けていても、空模様がくるくる変わるこちらでは、パッと晴れ間がのぞくことがあります。
そういう時を今か、今かと狙って、買い物などの用事はダッシュで(と言っても、滑るのが怖くて実際はノロノロ歩きですが…)済ませています。

そんな状態で、ちっとも行動範囲が広がらない生活(苦笑)

これではいけないと、先週末、夫と近郊のショッピングモールに行ってきました。
車で気軽に行ける距離で、無印良品のストアが入っているのがありがたい!

今回購入したのはこちらのアクリルケース類です。

110126muji1

ピアスをはじめ細々したアクセサリー類が好きで、気がつけば結構な数が集まっていたのですが、そうなってくると悩ましいのは収納。
ケースのまま保管したり、きれいな空き箱や缶にしまってみたり…

ここで、本当に整理が得意な人なら、「きちんとしまわれ、いつでも取り出せる」状態に出来るのでしょうが。
私の場合、何かに納めてしまったものはそのまま死蔵され、よく使うものは大雑把に表に出っぱなしというパターン(恥)

引越しの際、とりあえずあちこちに置いてあったものをかき集めてみましたが…

110126muji2

トホホ、収拾がつきません(つд⊂)エーン

そこで、先述のアクリルケースに別売りの中敷類をセットして、ケースから出して並べてみました。
110126muji3
これまで使っていたピアススタンドも含めて、スッキリと「見える収納」になり、我ながら満足。これならどの子にも活躍の機会が与えられそう。
帯留もきれいに並べて、眺めているだけでも楽しくなります。

時間を忘れて没頭し、家ごもりの醍醐味を味わった一連の作業でした(笑)

2012年1月24日 (火)

懐かしのチーズバタール

先日のブログで、境港のソウルフード(?)伯雲軒のブドーパンをご紹介しましたが、私にとっての「地元の味」に、思いがけなく市内のデパートで再会しました。

それは、横浜発祥のパン屋さん、ポンパドウル
県外にも手広くチェーン展開していますが、三重にいた頃はほぼ無縁の存在だったので(^-^;
これからはいつでも手軽に買えるんだ、というのはうれしい驚き!

110124pompa1 米子店にはイートインスペースもあります。

110118lucky_4 この日、レシートの合計金額がラッキー7♪

子どもの頃、フランスパンが苦手だったのですが、ここのお店の「チーズバタール」だけは大好きでした。
角切りのゴロゴロしたチーズが、パリッと焼きあがった香ばしいパンと引き立てあって、シンプルだけれど大満足の味わいです。

…という訳で、昨日の夕食は、チーズバタールとパスタ。

110124pompa2 あくまでも主役はパン(笑)

…実は、翌日の朝食用に買って帰ったチーズバタール。
ところが、お米を切らしていたことに、夕食の支度をしようとした時に気がついて…

敢え無くメニューは路線変更。そして、今日も容赦なく降り続く雪の中を、ヨロヨロとお米を買いに出かけていく羽目になりました(涙)

テレビは朝から、首都圏が積雪で大混乱、という話題で持ちきり。
毎冬、何度かはそういう日がありますが、雪と当たり前に付き合う地域の人から見たら「それがどうした?」と言いたくなるトップニュースかも…と考えさせられたりして。

2012年1月23日 (月)

雪が降ってきた

1,2,3!と勢いづくような数字が並ぶ日付ですが、今日は朝からザァザァ降りの雨…
所用で出かけなければならないのが、本当に憂鬱な月曜日でした。

用事の帰りにデパートに寄って、数十分買い物をして外に出たら、ほんのわずかな時間にあたりは一面の雪に覆われていて、ビックリ( Д) ゚ ゚

山陰で生活を始めるにあたり、周囲も自分も何よりの心配は「雪の多い土地で暮らしていけるか」ということでした。
でも、こちらに来てから、しっかり雪が降ったのは一日だけ。
半日降っても翌朝には溶けてしまったので、雪や悪天候を心配してくれる友だちのメールに(ご期待に沿えず、すみません…)という感じでいたのですが、ついに!という感じです。

110123snow1

ごらん空から 天使が夢を振りまいてる
静かに降る雪 手のひらで溶けてゆく

…というのは、SMAPの「雪が降ってきた」という曲の一節ですが、今まで知っている雪とは違って、本当に一つひとつの雪の粒が重くて、大きい。
その様子は、何だか羽根が降ってきているみたいで、バスを待ちながらポカンと見とれてしまいました。

110123snow2

これは駅前のモニュメント(銀河鉄道999?…実際は、山陰初の鉄道開通を記念したものだそうです)

引越し準備の一環として、私はホーキンスのスノーブーツを買いました。(ABC-MARTのCMで、篠田麻里子ちゃんが履いていたもの。店員さんに“スキー行かれるんですかぁ?”と笑顔で言われて、ちょっと哀しくなった…)

110123snow3

でも、周囲を見回すと、ビジネスマンはフツーに革靴、若いお嬢さんはフツーにパンプス、だったりする…滑らないようおっかなビックリ歩きながら、尊敬の眼差しを送るしかない私であります。

2012年1月20日 (金)

ブドーパンと白バラコーヒー

120120dawn

夜明けの遅い今の季節。天気の良い日は、大山の向こうから朝日が顔を出します。
ベランダに出て、朝焼けの空と雄大な山の姿を見ていると、空気は冷たくても、今日も良い一日にしよう!と背筋が伸びます。

…と言っても、こんな風によく晴れた冬の朝というのは、滅多に体験できません…

大抵は、カーテンを開けても見えるのは、どんよりと曇った空。
寝起きの悪いわが家の夫婦にとってはなかなか目の開きづらい状況です(苦笑)

そんな中、近所のスーパーで発見したのが、「おめざ」と朝食を兼用できる甘~いパン。

Photo

鳥取(特に境港市周辺)では昔から愛されているらしい、「伯雲軒」という老舗パン屋さんの「ブドーパン」です。
コッペパン状のレーズンパンに、バタークリームがサンドされています。
ほんのりシナモンをきかせたふわふわのパンと、ボリューミーなクリームの組み合わせは、素朴で懐かしい味わいで。
個包装のビニールがセロファンっぽい質感なのも、何ともレトロないい感じ。

カロリーを考えるとちょっとコワいものがありますが(汗)、朝のうちにガッツリ、エネルギー補給してから、一日働いて消費する!と思えば…

毎朝のパンのお供は、夫はコーヒー、私はミルクティーです。
そのため、わが家の冷蔵庫には牛乳は欠かせません。三重では地場産の「大内山牛乳」を愛飲していましたが、鳥取では「白バラ牛乳」というのがメジャーな銘柄のよう。

上の写真でブドーパンの後ろにいるのは、そこが出している「白バラコーヒー」です。
生乳70%、という表示に引かれて買ってみたら、美味しくてハマってしまいました。ただ、スタバのキャラメルマッキャート並みに激しく甘いので、普通の牛乳で1.5倍程度に割って、レンジで温めて飲んでいます。

長く親しまれている地元のソウルフードって、愛され続けるのも納得の魅力がありますね。

2012年1月18日 (水)

ふりむけばカエル

この度副総理に就任された、民主党の岡田さんの趣味は「カエルの置物集め」だそうです。

カエルが好きでグッズを集めている「カエラー」というのは、結構多いようで…。

何を隠そう、私もその一人。カタブツの岡田副総理は、人からの贈答品は絶対に受け取らないそうですが、私の場合、家には友人知人からプレゼントされたカエルがあちらにもこちらにも…ありがたいことです。
中にはもったいなくて、大事にしまいこんでいたものもあったのですが、新居に移ったのを機に思いきってデビューさせたのがこちら。

110117kaeru1

吸盤で壁にくっつけるタイプのトレイで、ソープディッシュかな?とも思ったのですが、横幅があるのでキッチンで使うことにしました。

110117kaeru2

調味料入れにちょうど良いサイズでした♪…けど、かわいいカエルの顔は普段は隠れてしまうのがちょっと残念。

ちなみに左は黒胡椒、中央・右は、三重の地場産業・モクモクしお学舎の美味しいお塩です。

2012年1月17日 (火)

リニューアル

120116daisen

2012年、初めてのブログ更新です。

おかげさまで、昨年末に夫の急な転勤が決まってから、ちょうど一ヶ月後の今月9日、無事に新居に引っ越すことが出来ました。

新しい土地で、新しい生活を始めるにあたり、気分一新、当ブログもリニューアルして再出発いたします。

これまでは、このブログを日々のお弁当づくりを記録する場にしていましたが、夫は出張やら会議が増えて、お弁当の出番は少なくなりそう…
という訳で、今後は幅広く、日々の出来事をユルく綴っていこうと思います。マイペース更新になると思いますが、今後ともどうぞよろしくお付き合いの程、お願いいたします。

冒頭の写真は、新しい部屋のベランダから(お隣のアンテナ越しに)見える大山です。
今日は本当によく晴れて、こちらへ来てから初めて、青空を見た気がします。
こんなにきれいな眺めが楽しめるところに住んでいたこと、実はまったく気づいていませんでした(!)

引越しの荷物も何とか片付いて、これから本格的に新しい土地での生活が始まります。どんな出会いが待っているか、好奇心旺盛に毎日を楽しみたいと思っています。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »