2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

* link *


無料ブログはココログ

« 6月1日のお弁当箱 | トップページ | 6月6日のお弁当箱 »

2006年6月 2日 (金)

6月2日のお弁当箱

060602
今日のおかず) 玉子焼き、小松菜のごま和え、塩鮭、焼き空豆のマリネ

今日のレシピ) 焼き空豆のマリネ

<材料>空豆(さやのまま)、イタリアンドレッシング、刻みパセリ
*空豆の莢の両端を切り落とし、魚焼きグリルで、莢の表面がところどころ黒く焦げるまで弱火でじっくり焼く。豆が莢の中で蒸し焼き状態になり、ほっこりと柔らかく仕上がります。莢から取り出し皮を剥いて、熱いうちにドレッシングの中に入れ、冷ましながら20分ほどマリネして完成。仕上げにパセリをふる。

今日のつぶやき)

職場で仲良くしている同僚の女の子は、ガーデニングが趣味で、ハーブや野菜なども庭の片隅でいろいろ作っているそうです。

最近、仕事上の人間関係でかなりお疲れ気味の彼女。
朝、
「ちょっとでもストレスを解消しようと思って…今日はハーブを摘んできたから、ハーブティーを後で淹れるね」
と、リフレッシュコーナーの机に、小さな花瓶いっぱいのハーブを活けてくれました。

ハーブ(というか、園芸関係全体)に詳しくない私ですが、彼女の心遣いに感激。
「す、すごいね!これ、ミントでしょ?あ、青ジソもある~!私、シソ大好きなんだよね」
と大騒ぎしていたら、彼女、とっても言いにくそうに

「さ、サリーさん、それは…シソじゃなくて、レモンバームっていうハーブで…

…穴があったら入りたかったです、私…il||li _| ̄|○ il||li
今日の教訓「軽はずみに知ったかぶりを口にしてはいけない」

今日のおすすめ)

摘み立てのフレッシュな葉で淹れたハーブティー。とっても美味しかったです。
よく洗った4~5枚の葉を急須に入れてお湯を注ぐだけ。本当にいい香りでリラックスしました。
キッチンの出窓にハーブの鉢植えを置いて…なんて出来たら、いいだろうなぁ…

こちらは「割って育てるたまご型」のハーブ栽培キット。

育てるたまご ハーブL(レモンバーム)育てるたまご ハーブL(レモンバーム)

…なんとなく、シソの葉に似てませんか?似てない?ドウモスミマセン…

↓ランキングに参加しています。お気に召したら、ぜひ1クリックしてください。
banner_04 

« 6月1日のお弁当箱 | トップページ | 6月6日のお弁当箱 »

料理」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです((o(_ _o)ペコリ

ハーブ類って、ホント見た目だけじゃわからないですよねぇ。
私も今年は家の前でプランターにイタリアンパセリ、ワイルドストロベリー、ルッコラ、パセリ、三つ葉、ほうれん草、小かぶを育ててるんですけど、三つ葉とイタリアンパセリの区別がつかなくて・・・
こないだも、お吸い物にイタリアンパセリを浮かべました(笑)

>鈴葉さん

ご無沙汰しています。コメントありがとうございます♪

フレッシュなハーブは、お料理に加えると何とも高級感漂いますね。でも買うのは高いし、鈴葉さんのようにプランターで育てるのに憧れている私です。
イタリアンパセリのお吸い物…和洋折衷でいいではありませんか(笑)

細長いお弁当箱ってなんか妙に惹かれるんですよね なんでだろ~って考えてたら友達のお弁当がすっごいおいしそうでその弁当箱が長細かったの思い出しました。
お弁当って懐かしいなあ 私の小学校は給食がなくって毎日お弁当だったんです。あの頃はありがたみも何も感じなかったけど今思うとまた食べたいし、母親の苦労を感じますよぉ
話かわるんですけどここのサイトでお弁当コンテストしてたんで、よかったら出してみてはどうですか?
わたしも頑張ってだそうかな

サリーさんこんばんは^^
レモンバームの葉を1枚摘み取って
手のひらでバン!って葉っぱを叩いて
香りをかぐといい香りがしますよー。
ハーブティおいしさと彼女の気持が
なんともうれしかったですね♪

>なるっとさん

コメントありがとうございます。
私のお弁当はコンテストに出すなんてとても…日々のおかずが、同じものが続かないよう記録用に始めたブログですので…

>ぽろさん

葉っぱをパン!ですね~。早速やってみますね。
生の葉からあんなに美味しいハーブティーが出来るなんて知らなくて、いい勉強になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月2日のお弁当箱:

« 6月1日のお弁当箱 | トップページ | 6月6日のお弁当箱 »