2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

* link *


無料ブログはココログ

« 1月17日のお弁当箱 | トップページ | 1月20日のお弁当箱 »

2006年1月18日 (水)

1月18日のお弁当箱

060118
今日のおかず) 海苔入り玉子焼き、牡蠣のしぐれ煮、ブロッコリー、ウィンナー、黒豆の五目煮
*黒豆はパック入りの既製品です。

牡蠣のしぐれ煮は、近くに住む親戚の家で大量に作ったものをおすそわけしてもらいました。
この季節になると、叔父が腕によりをかけたしぐれ煮をよく作ってくれます。わが家の冬の楽しみです♪

【冬期限定】じっくり釜炊 広島産 かきのしぐれ煮こちらは広島産のかきのしぐれ煮

今日のつぶやき)

「トリビアの泉」を久しぶりに見たんですけど、
“おでんを1ケ月煮たらどうなるか?”
という「トリビアの種」は、衝撃でした… チクワが真っ黒な備長炭って…

でも、それ以上にビックリしたのは、おでんの製作指導をした浅草「大多福」の板前さんの苗字が舩大工(ふなだいく)さん、だったこと。こっちもトリビアになりそうな珍名さんですね。

今日のおすすめ)

わが家でおでんを作るときの鍋は、こちらです。1ケ月煮ても穴は開かないと思いますが、絶対にマネしません(笑)

 ラゴスティーナ/LAGOSTINA チポラ 浅型キャセロール26cm(蓋付) ラゴスティーナ/LAGOSTINA 浅型キャセロール

↓ランキングに参加しています。お気に召したら、ぜひ1クリックしてください。
banner_04 

« 1月17日のお弁当箱 | トップページ | 1月20日のお弁当箱 »

料理」カテゴリの記事

コメント

確かジャガイモも煮ていたけど、たぶん溶けてなくなっちゃったんでしょうね~~さりさんはどう思います?

おでんを1ヶ月間煮続けるとは・・・
ガス代かかりそうだなぁ~(笑)

過去、丸一日ストーブの上でカレーを過熱しつづけたことがあります∑(;´∀`A
そのときは、鍋の中身がすべてなくなってて、鍋肌が真っ黒でした(^-^;

>トリビアンさん

コメント、ありがとうございます。じゃがいもの行方は確かに謎ですね。大根は意外と原型をとどめていましたが。
食べ物をムダにするような企画は、あんまり見ていて気分いいものじゃないですねぇ。

>鈴葉さん

私もお鍋を焦がした苦い教訓は何度かあります。後が大変なんですよねぇ。
「トリビア」では、最初の実験でお鍋の底に穴が開いちゃってました・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月18日のお弁当箱:

« 1月17日のお弁当箱 | トップページ | 1月20日のお弁当箱 »