2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

* link *


無料ブログはココログ

« 12月16日のお弁当箱 | トップページ | 12月20日のお弁当箱 »

2005年12月19日 (月)

12月19日のお弁当箱

051219
今日のおかず) にんじんのグラッセ、甘エビシューマイ、鶏肉と小松菜のあっさり炒め、玉子焼き

今日のレシピ) 鶏肉と小松菜のあっさり炒め

<材料>鶏もも肉、小松菜、しょうが、酒、しょうゆ、塩、こしょう、ごま油
*千切りのしょうがと一口大に切った鶏肉を、ごま油を熱したフライパンで炒め、色が変わったら小松菜を入れて酒をふる。水気がなくなったらしょうゆ・塩・こしょうで味付けする。

今日のつぶやき)

金曜日から毎晩、フィギュアスケートに釘付けになってしまいました。
トリノはもう、真央ちゃんでいいじゃないかーと思ってしまったのは私だけではないはず(笑)

子どもの頃は、ビールマンスピンの真似が出来たんだよ~と夫の前でチャレンジしたら、グキっという音がして背中を痛めました…

今日のおすすめ)

こんな私も、ピラティスはちょっとずつ続けているのですよ。それなりに体が伸びて気持ちいいんですけど、スルツカヤには程遠い(当たり前だけど)。

ヨガストレッチマット YK600ヨガストレッチマット

ニューヨーカーが教える 簡単ピラティス 入門編 (DVD)ニューヨーカーが教える 簡単ピラティス 入門編 (DVD)

↓ランキングに参加しています。お気に召したら、ぜひ1クリックしてください。
banner_04 

« 12月16日のお弁当箱 | トップページ | 12月20日のお弁当箱 »

料理」カテゴリの記事

コメント

鳥は嫌いだ。トリノは真央ちゃんでいいけど

小松菜の茹で加減って、どれぐらいかわかりますか?
いつも茹で過ぎらしくて茹で時間を短くしたら、今度は固いって・・・
そもそも、小松菜の歯ごたえって、ほうれん草に近いんでしょうかねぇ・・・最近の謎です(笑)

「例外は認められない」って日本のオリンピック協会が言ってるみたいですが・・・
例外がなきゃ何も変わらないのに・・・って、彼ら(オリンピック協会)は変化を望んでないのか・・・

色々な試合の順位をポイントとして加算していって、そのポイントの上位3人がオリンピックに出れるらしいんですけど、今のところ安藤美姫が1位らしいんです。
でも真央ちゃんはそれよりも150ポイントぐらい多くて、ダントツの1位らしいです。
もったいないなぁ・・・って思ってるのは私だけじゃなかったみたいですね。

>東京人さん

コメントありがとうございます♪
鶏肉が苦手という方は多いですよね。ダイエットのために脂の多い皮は食べない、という人もいますものね。

>鈴葉さん

小松菜は、ほうれん草よりも「シャキシャキ感」を大事にしたいなと思っておりますが・・・
茹で加減も好みがありますものね。たかが青菜でも奥が深いです。

今週末の全日本フィギュアも、テレビでやったら絶対見てしまうだろうなー。
フィギュアの年齢制限は、体の軽い小さなうちからジャンプをガンガンやらされて体をこわす選手が出ないように…という配慮もあるらしいですね。しかし、もったいない話です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月19日のお弁当箱:

« 12月16日のお弁当箱 | トップページ | 12月20日のお弁当箱 »