2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

* link *


無料ブログはココログ

2018年11月26日 (月)

ボヘミアン・ラプソディ

181126queen_2
泣ける、泣けるという宣伝文句の煽りには醒めてしまう性質ですが、ラストシーンのライヴエイドのステージ、「伝説のチャンピオン」の歌声が流れる頃には、ボロボロと涙が溢れるのを抑えきれませんでした。

クイーンというバンドのオンリーワンの存在感、独特の作品群のパワーを気持ち良く再確認した時間でした。

ただでさえ凄いオリジナルを、更に神格化させていくために、この伝記映画が無かったことにした事実、抽出して濃密に表現した魅力、時系列を操作して作り上げたドラマ。
出演陣の熱演も演出の巧みさもあいまって、見事にその狙いに心を持って行かれました!

サッカーファンの端くれとしては、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」と「伝説のチャンピオン」はもう、脊髄反射で泣けちゃうという面もあり。

主演のラミ・マレック、あの歯の再現力は強烈だった…けど、ブライアンやジョンに比べるとそっくりさん度に関しては正直、それほどでも?と思う。

181126queen2
むしろ、短髪×ヒゲになる以前のフレディの場面は、若い頃の沢田研二に見えて仕方なかったのですが…どうですかね?

181126queen3
もちろん、似てるか似てないかなんて些末なことで、インド系の若者がフレディ・マーキュリーという人間を作品のように作り上げていく、辛く長い心の旅路の表現は素晴らしかった。
メアリーへ指輪を贈る場面は思い出すだけで胸がキュンとなります…

という訳で、文字通り「胸を張って」(のけぞるほどに)生きることの価値をかみしめさせていただいた訳ですが、それと同じくらい、鑑賞後に頭をよぎったことは
「自分にとっては鮮明な記憶が、もう歴史の一場面になっている」
ああ、私も時代の証言者になるくらい年を重ねているんだ…という実感。

そして、
「渦中に生きている時は、物事の本質は理解できないもの」
ということでした。

MTV時代の始まりが、洋楽を聴き始める年頃と重なる世代の私。
「フラッシュ・ゴードン」あたりからはリアルタイムでクイーンを聴いてきたことになります。初期の名曲はタモリ倶楽部の「空耳アワー」の方で先に耳に馴染んでしまったものも(笑)

ボブ・ゲルドフの呼びかけで、英国でチャリティソングが作られ、アメリカで負けじと「ウィー・アー・ザ・ワールド」が生まれ、そこからのライヴエイド実現、という流れもよく覚えています。
自分にとっては体験した事実であることが、時間の波に洗われて、「語り継がれていく伝説」になっていくのは不思議な感じです。

そして、最初にAIDSという病がニュースになった時、通っていた学校(ミッションスクールだった)の教師は「これは神様が堕落した人間に与えた警告であり、罰である」と平気で口にしていたし、そういう言説を吸い込んで、恥ずかしながら当時の私も、偏見や勘違いと無縁ではありませんでした。
その時点では、座標軸が歪んでいること自体に気がつけなかった。私もフレディを鞭打つ側だったと、今なら、今ならわかるのだけど…

年を取っていくというのはこういうことか(フレディの享年もとっくに追い越したし…)と思う一方で、この映画の盛り上がりを紹介しながら、「ライヴエイドはね、AIDSで死期を悟ったフレディと、それを知った上で演奏する仲間の、最後のライヴがもう感動的だったんですよ!」…と、映画が改変した部分を真実として熱く語るコメンテーターなど見ていると、歴史は後から作られるものなのだなあ、とうすら寒さを覚えたり。

…そして、時間を超えてこんなにもライヴエイドのステージに注目しながら、結局、寄附でアフリカの飢餓は本当に救われたのか?そのことは話題にもしない私たちって…

2018年11月24日 (土)

コマチーナの着物美女たち

葉ごろも着付け教室の集まりを通じて仲良くなったお友達の皆さんと、鎌倉で美味しいランチを楽しんできました。

181124kamakura1

幹事役のmiyuki先生が選んでくださったお店は、人の波で埋まる小町通りの喧騒から少し入った路地にある「オステリア コマチーナ」。
オープンを待つ間も、おしゃべりの花が満開!この時期ならではの羽織りものも十人十色です。私はポンチョもレザーバッグも和洋兼用。着物は江戸小紋、「錦秋」という言葉のイメージが浮かぶような色合いの、織りの名古屋帯を合わせました。

181124kamakura2日当たりのよい窓辺のテーブルで、ランチタイムの最初から最後までゆっくり過ごさせていただきました。
野菜もお肉もお魚も、素材を活かした滋味深い美味しさで、ドルチェにいたるまで堪能しました!

181124kamakura3
着物にとどまらず多種多様な趣味をお持ちで、話題に事欠かない皆さんとのひとときは、会話しているだけでも様々な知らない世界を体験させてもらえるようで、快い刺激をいっぱいもらって帰路についたのでした。

2018年11月15日 (木)

着物の日

11月15日は着物の日。

…というのはすっかり忘れていて、偶然だったのですが、久しぶりの袷に袖を通して、お友達との東京デートへ。

181115tokyo2
年末のイルミネーションの準備も進みつつある、丸の内仲通りにて。角通しの江戸小紋に刺繍の名古屋帯のコーディネート。

181115tokyo3
繊細なクリスタルのツリーがウィンドウを飾っていたバカラの前で、後ろ姿を撮ってもらいました。

181115tokyo1
待ち合わせてランチをいただいたのは、先週オープンした二重橋スクエアの1Fに入った「Made in ピエール・エルメ」。
マカロンやケーキの有名店ですが、このお店は焼き菓子の他、調味料や缶詰が売場に並び、デリに丼やお弁当の販売もあるという新業態。
目移りして悩んだ末、サラダとサンドイッチとドリンクの軽めのランチセットを選択しました。美味しかったです!
ピエール・エルメの代名詞、イスパハンのマフィンもこちらで初お目見えしているとのことで、当然買って帰りました。口の中に広がるラズベリーの香りを満喫しました。

ランチのボリュームを抑えたのは、この日のメインイベントはティータイムのスイーツだったから(笑)

181115tokyo4
有楽町まで歩いて、交通会館最上階の「銀座スカイラウンジ」で、東京會舘のマロンシャンテリーをいただきました。

元は大阪在住のお友達が、以前、興味ある東京のスイーツとして挙げていたのを思い出し…実は、私も食べたことなかった(もしくは記憶から消えた)、とこの日一緒に味わいました。
美しい生クリームのデコレーションの中に、ぎっしりと繊細な甘さのマロンペースト。
360℃の展望が楽しめる回転レストランで、窓外の風景と合わせて楽しみました。

ご主人のお仕事の関係で、都内に居を移されたばかりのお友達。
私も、過去に夫の転勤に帯同してあちらこちらと移り住んだ経験があるので、慣れた土地を離れることの喜びも哀しみも、未だわが事のように実感出来て…ついつい、おしゃべりに熱が入ってしまいました。

元はと言えば、着物(とインターネット)が縁をつなげてくれた彼女。着物と出会えたことで生まれた素敵な思い出がまた一つ増えた、今年の11月15日でした。

181115tokyo5
手土産にいただいた、参宮橋の人気パン店「365日」のクロッカンショコラやカヌレも絶品。楽しかった午後の余韻に浸りつつ、味わっていただきました。

2018年11月10日 (土)

日本美術展覧会

181110nichi2

「改組 新 第5回 日本美術展覧会」というのが正式名称ですが、「日展」という呼称の方が、よほど通りが良いかと思います。
本年度の日展に、昨年に引き続き義父の油彩画が入選したということで、めでたいめでたい…と親族一同で鑑賞してきました。

181110nichi1
会場は六本木の国立新美術館。近くで見つけたお店のランチタイムに滑り込み…本来おつまみメニューと思われる渦巻きソーセージに、息子はご満悦。

181110nichi3 181110nichi4

館内は撮影可、彫刻作品の一部については、視覚障害者が直に触れて鑑賞することも出来るとのこと。
他にも日本画や工芸美術等、普段はなかなか目にする機会がない分野の芸術にじっくりと触れることが出来ました。

美大で油絵を学んだ後、一般企業に就職する道を選んだ義父が、様々な経緯の末に再び絵筆を取って、日展入選を果たしたのは還暦を過ぎてからのことでした。

その後、脳出血で倒れ身体が不自由になりながらも、利き手は無事だったということで、再びこの日展の出品作家になることが義父の大きな目標だったのです。
昨年、その夢が叶った時は、義父の努力はもちろんですが、支え続けた義母の苦労が報われたことが本当に嬉しかったです。

10月から始まったNHKの朝ドラ「まんぷく」に今、かなりはまっているのですが、要潤が演じている、どんな状況にあっても絵描きであることをやめられない主人公の義兄とその一家の描写は、時折身につまされるところがあります。

膨大な作品群を鑑賞しながら、1つ1つにそれが完成するまでの長い時間とドラマがあるのであろうなあ…と、思いを馳せた次第です。

181110nichi5
秋の日は釣瓶落とし、という言葉を実感する季節の到来。イルミネーションの季節も目の前。

«きつねのハロウィーン