2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

* link *


無料ブログはココログ

2018年12月 6日 (木)

文楽鑑賞教室

気温がぐっと下がって冷たい雨がそぼ降る中を、久しぶりの国立劇場へ。

大人気で通常公演以上にチケット激戦の、文楽鑑賞教室をやっと観に行くことが出来ました。

観劇前のランチは、これまた長年行きたいと思っていた麹町のドーカンへ。

181206bunraku1
平日の日中しか開いていないお店で、なかなか来られる機会がなく…次のチャンスもいつかはわからない、とあって、悩んだ末に「具だくさんスープセット」を注文しました。
しょうがをきかせた野菜たっぷりのスープが、滋味たっぷり。チキンのクリーム煮もやさしいお味で美味しかった!

181206bunraku2
セットのデザートを変更して、プラムの赤ワイン煮とクリームチーズをのせたワッフルをお願いしました。
ドーカンのことを知ったのは、週刊文春のグラフでこのメニューが紹介されていたのがきっかけ。それも十数年前のこと(!)我ながら執念深い…
長年の片思いが実ったひととき、まさに「口福(こうふく)」でした。

ランチをご一緒した友達と別れて劇場へ。公演の趣旨が趣旨だけに、ふだんの文楽公演では見かけない制服姿の若者が客席を埋めていて、何だか新鮮でした。

181206bunraku3
演目は、陽気な舞踊の「団子売」と、歌舞伎でも名高い「菅原伝授手習鑑」。合間に「文楽の魅力」と題された解説コーナーをはさみます。

解説付きの文楽鑑賞はこれまで何度も経験していますが、これまで伺ったレクチャーは人形の仕組みや遣い方についてのものが殆どでした。

なので、本当の舞台上で、浄瑠璃や三味線の語り分け、弾き分けの魅力を、技芸員さんの実演で教えてもらえたのは貴重でした。
改めてその技量の素晴らしさ(そして、透けて見える修練の尊さ)を実感することが出来ました。

そして実際の演目ですが、今回、前から4列目という席だったため、この頃肩と首の調子が悪い私、あまり頭を動かすことが出来ず…
いつもなら、床の太夫と三味線の姿も舞台と同様に視野に入れて楽しむのですが、右側を向くのが少々辛くて。必然的にがっつり、お人形たちを見据えて鑑賞しました。
(寺入りの段は、豊竹咲寿太夫さんの語り、敦澤友之助さんの三味線と、見目麗しい若手の競演で、もっと目に焼き付けたかったところだったのが悔やまれる)

自分が男児の母親になってから、大きな義のために我が子を犠牲にする、寺子屋のような演目の観方はそれまでとは同じでなくなってしまって。何度も目にしているのにやっぱり涙が抑えきれず。

今回、舞台に近いところでのめり込んで観察していたおかげで、場の中心になって動いている登場人物の脇で、じっと首を垂れている人形にも引き寄せられました。
辛い心情を思いやって、心から同情を寄せ、共に胸の内で泣いている…
その気持ちがひしひしと伝わって来たのが、殊更に印象的でした。
その間、人形遣いはまったく人形を動かしてはいないのに。

魔法って本当に目にすることが出来るんだ。文楽を観るといつも思わされることです。
鑑賞教室に「連れてこられた」若い人たちの中で、少しでも「また観たい」と思ってくれる人がいたらいいなあ、と切に願います。

2018年11月29日 (木)

日日是好日

181129nichi
市民講座の裏千家のクラスに月2回通う、そんなお茶の世界とのお付き合いも、今ではすっかり遠い過去。

それでも、茶室の中の「音」「温度」「手ざわり」など、五感すべてが刺激を受ける…抹茶とお菓子の味わいにとどまらない、茶道の奥深さを体験出来たことは、本当に貴重だったと思っています。

その、心が揺さぶられる発見を追体験したくて、大きなスクリーンと良い音響の映画館でじっくりと鑑賞してきました。

初心者が誰しも通る戸惑いや失敗、お正客にならないためのお茶席イス取りゲーム(イスは無いけど)など、様々な「茶道あるある」では、客席の殆どを占める中高年女性たちからあー、わかる、わかるという声が漏れていました(笑)

「このお道具で、この方たちとお茶をいただけるのは二度と無いことかもしれない、その心構えで臨みなさい」
と、一期一会の心得を説いてくださった、自分の先生のことも、お稽古の日々も、懐かしく思い出され…
またいつの日か、茶室で釜の鳴る音に静かに耳を済ませたい、鑑賞後は案の定そんな気持ちに。

森下典子さんの原作を読んだのは、自分がお稽古を始めて間もない頃です。
著者のさまよえる心の旅路の果てに、まるで推理小説の種明かしの場面のようにタイトルの意味が明らかになる。
そのお手並み(お点前でなく・笑)に、参りました…と圧倒させられた記憶があります。

自分にとって思い入れの強い一冊だったこともあり、映画化のニュースを知った時は
「なぜ、今頃?」
という気持ちと、そしてもう一つ
「なんでもかんでも、樹木希林なんだなあ…」
というのが最初の感想でした。

その時は、これが希林さんの遺作、という扱いになるとは想像もしていなかったのですが、茶道の経験が無いというのが信じられない、見事な茶人の身のこなしでした。着物の着方や物言いも、ああお茶の先生ってほんと、こんな感じ!と手を打ちたくなるような。

そして主演の黒木華さん。
序盤の、悪い子じゃないんだろうけど、体の真ん中に芯の通っていない、頭でっかちな、要するにどこにでもいる若い子、という主人公が、成長していく過程の演技表現に引き込まれました。

面白い話が一つ。

映画の中盤に登場する大寄せの茶会は、横浜の三渓園が舞台になっているのですが、その撮影時のエキストラをされた方とお話する機会がありました。

間近で、そしてスクリーンで見た樹木希林さんの佇まいは本当に凜としていた、ちょっと前に「万引き家族」を観ていたものだから、あまりの違いにビックリしちゃって…
というのに応えて

「そうですよねえ。『万引き家族』といえば、あの映画の安藤サクラが『まんぷく』の福ちゃんだなんて、信じられないですよ」

と言ったら、え?NHKの朝ドラ?福ちゃんあの映画に出てましたっけ?と、先方がまったくピンと来ていない。
ほら、クリーニング店で働いてた、お母さん役の…とお伝えした時の、先方の「えええええ?全然違うじゃない!」という驚きっぷりと言ったら(笑)

生涯現役の役者としても、一人の人間としても、樹木希林さんはあっぱれという他ない一生を全うされました。
その欠落は大きな穴ではありますが、日本にはまだまだ、底力のある女優は次々控えている。頼もしい限りだと思います。

2018年11月26日 (月)

ボヘミアン・ラプソディ

181126queen_2
泣ける、泣けるという宣伝文句の煽りには醒めてしまう性質ですが、ラストシーンのライヴエイドのステージ、「伝説のチャンピオン」の歌声が流れる頃には、ボロボロと涙が溢れるのを抑えきれませんでした。

クイーンというバンドのオンリーワンの存在感、独特の作品群のパワーを気持ち良く再確認した時間でした。

ただでさえ凄いオリジナルを、更に神格化させていくために、この伝記映画が無かったことにした事実、抽出して濃密に表現した魅力、時系列を操作して作り上げたドラマ。
出演陣の熱演も演出の巧みさもあいまって、見事にその狙いに心を持って行かれました!

サッカーファンの端くれとしては、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」と「伝説のチャンピオン」はもう、脊髄反射で泣けちゃうという面もあり。

主演のラミ・マレック、あの歯の再現力は強烈だった…けど、ブライアンやジョンに比べるとそっくりさん度に関しては正直、それほどでも?と思う。

181126queen2
むしろ、短髪×ヒゲになる以前のフレディの場面は、若い頃の沢田研二に見えて仕方なかったのですが…どうですかね?

181126queen3
もちろん、似てるか似てないかなんて些末なことで、インド系の若者がフレディ・マーキュリーという人間を作品のように作り上げていく、辛く長い心の旅路の表現は素晴らしかった。
メアリーへ指輪を贈る場面は思い出すだけで胸がキュンとなります…

という訳で、文字通り「胸を張って」(のけぞるほどに)生きることの価値をかみしめさせていただいた訳ですが、それと同じくらい、鑑賞後に頭をよぎったことは
「自分にとっては鮮明な記憶が、もう歴史の一場面になっている」
ああ、私も時代の証言者になるくらい年を重ねているんだ…という実感。

そして、
「渦中に生きている時は、物事の本質は理解できないもの」
ということでした。

MTV時代の始まりが、洋楽を聴き始める年頃と重なる世代の私。
「フラッシュ・ゴードン」あたりからはリアルタイムでクイーンを聴いてきたことになります。初期の名曲はタモリ倶楽部の「空耳アワー」の方で先に耳に馴染んでしまったものも(笑)

ボブ・ゲルドフの呼びかけで、英国でチャリティソングが作られ、アメリカで負けじと「ウィー・アー・ザ・ワールド」が生まれ、そこからのライヴエイド実現、という流れもよく覚えています。
自分にとっては体験した事実であることが、時間の波に洗われて、「語り継がれていく伝説」になっていくのは不思議な感じです。

そして、最初にAIDSという病がニュースになった時、通っていた学校(ミッションスクールだった)の教師は「これは神様が堕落した人間に与えた警告であり、罰である」と平気で口にしていたし、そういう言説を吸い込んで、恥ずかしながら当時の私も、偏見や勘違いと無縁ではありませんでした。
その時点では、座標軸が歪んでいること自体に気がつけなかった。私もフレディを鞭打つ側だったと、今なら、今ならわかるのだけど…

年を取っていくというのはこういうことか(フレディの享年もとっくに追い越したし…)と思う一方で、この映画の盛り上がりを紹介しながら、「ライヴエイドはね、AIDSで死期を悟ったフレディと、それを知った上で演奏する仲間の、最後のライヴがもう感動的だったんですよ!」…と、映画が改変した部分を真実として熱く語るコメンテーターなど見ていると、歴史は後から作られるものなのだなあ、とうすら寒さを覚えたり。

…そして、時間を超えてこんなにもライヴエイドのステージに注目しながら、結局、寄附でアフリカの飢餓は本当に救われたのか?そのことは話題にもしない私たちって…

2018年11月24日 (土)

コマチーナの着物美女たち

葉ごろも着付け教室の集まりを通じて仲良くなったお友達の皆さんと、鎌倉で美味しいランチを楽しんできました。

181124kamakura1

幹事役のmiyuki先生が選んでくださったお店は、人の波で埋まる小町通りの喧騒から少し入った路地にある「オステリア コマチーナ」。
オープンを待つ間も、おしゃべりの花が満開!この時期ならではの羽織りものも十人十色です。私はポンチョもレザーバッグも和洋兼用。着物は江戸小紋、「錦秋」という言葉のイメージが浮かぶような色合いの、織りの名古屋帯を合わせました。

181124kamakura2日当たりのよい窓辺のテーブルで、ランチタイムの最初から最後までゆっくり過ごさせていただきました。
野菜もお肉もお魚も、素材を活かした滋味深い美味しさで、ドルチェにいたるまで堪能しました!

181124kamakura3
着物にとどまらず多種多様な趣味をお持ちで、話題に事欠かない皆さんとのひとときは、会話しているだけでも様々な知らない世界を体験させてもらえるようで、快い刺激をいっぱいもらって帰路についたのでした。

«着物の日