2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

* link *


無料ブログはココログ

2018年12月25日 (火)

十二月大歌舞伎~二つの阿古屋

181217kabuki1
今年もたくさんの楽しい時間を過ごさせてもらった歌舞伎座。
去年に引き続き、今年も玉三郎丈に年納めの夢を見せていただこう、と夜の部を観てきました。

181217kabuki3
今月の公演は変則で、壇浦兜軍記で玉三郎様が阿古屋を務めるAプロと、若手女形の梅枝さん、児太郎さんが日替わりで阿古屋に挑戦するBプロが、ほぼ2日おきに上演されていました。

長い間、「現在は玉三郎しか演じることが出来ない演目」とされてきた阿古屋琴責めの段。
映像では何度も目にしてきましたが、やっと今回、Aプロを鑑賞して念願がかないました。

181217kabuki2
しかも奮発した1等席、生まれて初めて最前列で舞台にかじりつくことに…ポジション的に、ここは阿古屋が座る場所のすぐ近く…!と、定式幕が開く前から心臓が早鐘。

琴、三味線、胡弓を実際に演奏しながら、行方知れずの恋人を思う心情を表現する、という女形の大役。
詮議の場に引きずり出されて拷問されかける、というシチュエーションがすでに緊迫感に満ちているのですが、文字通りのかぶりつきで観てみてよくわかったことは、難役に挑む玉三郎丈を支える舞台上の人々にも、並々ならぬ気迫と緊張が張りつめていること。

客席の大勢の観客の視線ばかりか、共演の役者も、伴奏や長唄を合わせる奏者も、阿古屋の一挙手一投足に意識のすべてを向けている。
そんな重圧、並の神経では到底受け止められないと思うのですが、そこは女形の最高峰に立った方。琴や三味線の調べから、揺れる女心が伝わってくるようで…

「胡弓弾け、胡弓弾け」と命じられる頃には、いつしか堂々たる傾城の風格と誇りを取り戻し、水を打ったように静まり返る劇場内に咽び泣くギターソロ、じゃなかった、胡弓ソロが響き渡る。
ファン歴四半世紀以上、最接近遭遇した玉三郎丈は、さすがに重ねた年令を感じるところはありました…が、それ以上に、重ねてこられた修練の重み、厚み、尊さに胸打たれて、幕切れでは拍手しながら涙をこらえきれませんでした。

181217kabuki4
すっかり歌舞伎座に馴染んだ中車さんの持ち味が活きた二人芝居「あんまと泥棒」、梅枝&児太郎の溌溂とかわいらしい「二人藤娘」を観て、夢見心地のまま帰路につきました。

181217kabuki5
歌舞伎座タワー地下の木挽町広場では、金の星の代わりに鳳凰を頂いたツリーがお目見得。ちりめん細工のような和柄のオーナメントが凝っています。

後日、歌舞伎見物の初心に返って…という訳ではないですが、久しぶりに幕見席のチケットを求める行列に1時間並び、もう一度夜の部を鑑賞しました。

お目当ては、玉三郎様の指導を受けて大きな役に挑戦する、中村梅枝さんの阿古屋。玉三郎自身は、赤面の悪役である岩永左衛門を演じるというレアな配役も観ておきたくて。

4階の幕見席から観る舞台の図は、最前列とはもちろん異なる光景でしたが、歌舞伎座の良いところは、だからといって舞台の魅力が削がれるものではないこと。
むしろ引きの構図で観ることによって、計算された見せ場が一番美しく、一幅の絵そのものになる利点もあります。

Aプロの「二人藤娘」では、間近で顔中が汗でぐっしょりだったのが印象に残った梅枝さん。
玉三郎様の風格をひたすら崇めていた阿古屋とは、ちょっと違った心持ちがこちら側にはあったのですが…
なかなかどうして、教わったことを誠実になぞって努力されたことが、立派に舞台上で華開いていました。古風な風情のある梅枝さんに傾城の鬘や打掛は本当によく映えていて…

拝見した日が、梅枝さんにとっては阿古屋の楽日。でもこれは終りではなくて始まり、満場の拍手にはそんな期待もたくさん込められていたと思います。私ももちろんその思いでした。

2018年12月14日 (金)

七宝焼ワークショップ

モダン着物小物 梅屋さんで、七宝焼の帯留を作るワークショップに参加してきました。

ご指導いただく講師は、センスの良い着物まわりの小物やアクセサリーで周囲にもファンが多い、kimitoのデザイナー植木未斗さんです。

181214kimito1
まずは原寸大の紙の上で、自由に鉛筆を走らせデザインを考案。その後、純銀箔にデザインをトレースし、チョキチョキカットして、下地の釉薬の上に貼りつけていく…というのが、作業の主な手順。

181214kimito2
吹けば飛ぶよな、という表現がまさにぴったりの銀箔を相手に、自分の想定どおりに仕上げるまではなかなか、緊張感を伴う時間…
でも、的確なアドバイスと励まし(笑)のおかげで、心地よい集中を保てました。ご一緒した方たちのデザインもとても素敵で、和気あいあいと手を動かしているうちに完成。

181214kimito3
細く切った銀箔をあれこれ組み合せて、空に向かって伸びる梢を描いてみた…つもり(笑)

仕上げの釉薬をかけて焼き上げる工程は、kimitoさんに託して1ケ月後の完成を待ちます。世界に一つだけのmyオリジナル帯留。出来上がりの連絡をいただくのが、今から楽しみです。
181214kimito4
帰り道、二子玉川の駅へ向かう途中にある諏訪神社に立ち寄りました。境内の銀杏は黄金色、青空に映えて輝いていました。

2018年12月 8日 (土)

銀座・馴染みの味めぐり

遠方からお友達が上京されることになり、東京駅でお迎えした足で銀座に繰り出しました。

もう1人のお友達と待ち合わせたお店は、私にとって間違いのない東京の味、銀座ウエスト。

181208ginza1
いつ見てもテンションが上がりまくる、ケーキセットのプレゼンテーション!!
端から順に食べていけたらどんなに幸せだろう(仮にお金があっても胃腸が無理)。

181208ginza2
かつてはウエストでランチといえば玉子サンド派だったのですが、この頃はハムサンドのブームが来ています。お友達にも推しまくる(笑)
ライ麦のパンを選んで、毎度のことながら大変おいしゅうございました。
181208ginza3
お店を出た後、この日の主たる目的の一つ、ガラス作家川北友果さんの個展を見にギャラリー田中へお邪魔しました。

181208ginza0
この日の私の装い。流水紋様の小紋に、ジオメトリックな地に刺繍で水玉が描かれた名古屋帯。帯留は、川北さんのガラスです。蓮の花が描かれた帯留は、葉の上に透き通る水玉がついているという繊細さ。
今回の個展でも、蓋物やとんぼ玉の一つひとつに、ため息が出るほどきれいな世界が描き込まれていて、うっとりでした。

和光をのぞいたり、日比谷方面へ足を伸ばしてミッドタウンで一服したり…の後、早目の夕ご飯は有楽町の甘味処「おかめ」へ。

181208ginza4

かつては東京駅八重洲口の目の前にもお店を構えていて、日本橋で社会人生活のスタートをきった私、横浜の自宅に帰るJRに乗る前に、何度寄り道をしたことかわかりません(笑)
残業帰りの疲れた心身に、お雑煮の温かさやあんこの甘さがしみたなあ…なんて、ちょっと遠い目になりつつ、弾むおしゃべりを最後まで楽しんだ銀座界隈の街歩きでした。

2018年12月 6日 (木)

文楽鑑賞教室

気温がぐっと下がって冷たい雨がそぼ降る中を、久しぶりの国立劇場へ。

大人気で通常公演以上にチケット激戦の、文楽鑑賞教室をやっと観に行くことが出来ました。

観劇前のランチは、これまた長年行きたいと思っていた麹町のドーカンへ。

181206bunraku1
平日の日中しか開いていないお店で、なかなか来られる機会がなく…次のチャンスもいつかはわからない、とあって、悩んだ末に「具だくさんスープセット」を注文しました。
しょうがをきかせた野菜たっぷりのスープが、滋味たっぷり。チキンのクリーム煮もやさしいお味で美味しかった!

181206bunraku2
セットのデザートを変更して、プラムの赤ワイン煮とクリームチーズをのせたワッフルをお願いしました。
ドーカンのことを知ったのは、週刊文春のグラフでこのメニューが紹介されていたのがきっかけ。それも十数年前のこと(!)我ながら執念深い…
長年の片思いが実ったひととき、まさに「口福(こうふく)」でした。

ランチをご一緒した友達と別れて劇場へ。公演の趣旨が趣旨だけに、ふだんの文楽公演では見かけない制服姿の若者が客席を埋めていて、何だか新鮮でした。

181206bunraku3
演目は、陽気な舞踊の「団子売」と、歌舞伎でも名高い「菅原伝授手習鑑」。合間に「文楽の魅力」と題された解説コーナーをはさみます。

解説付きの文楽鑑賞はこれまで何度も経験していますが、これまで伺ったレクチャーは人形の仕組みや遣い方についてのものが殆どでした。

なので、本当の舞台上で、浄瑠璃や三味線の語り分け、弾き分けの魅力を、技芸員さんの実演で教えてもらえたのは貴重でした。
改めてその技量の素晴らしさ(そして、透けて見える修練の尊さ)を実感することが出来ました。

そして実際の演目ですが、今回、前から4列目という席だったため、この頃肩と首の調子が悪い私、あまり頭を動かすことが出来ず…
いつもなら、床の太夫と三味線の姿も舞台と同様に視野に入れて楽しむのですが、右側を向くのが少々辛くて。必然的にがっつり、お人形たちを見据えて鑑賞しました。
(寺入りの段は、豊竹咲寿太夫さんの語り、敦澤友之助さんの三味線と、見目麗しい若手の競演で、もっと目に焼き付けたかったところだったのが悔やまれる)

自分が男児の母親になってから、大きな義のために我が子を犠牲にする、寺子屋のような演目の観方はそれまでとは同じでなくなってしまって。何度も目にしているのにやっぱり涙が抑えきれず。

今回、舞台に近いところでのめり込んで観察していたおかげで、場の中心になって動いている登場人物の脇で、じっと首を垂れている人形にも引き寄せられました。
辛い心情を思いやって、心から同情を寄せ、共に胸の内で泣いている…
その気持ちがひしひしと伝わって来たのが、殊更に印象的でした。
その間、人形遣いはまったく人形を動かしてはいないのに。

魔法って本当に目にすることが出来るんだ。文楽を観るといつも思わされることです。
鑑賞教室に「連れてこられた」若い人たちの中で、少しでも「また観たい」と思ってくれる人がいたらいいなあ、と切に願います。

«日日是好日